父からの暴力に苦しんでいた女子中学生を救った大学生…素晴らしい対応に称賛の声

main 出典:Wikipedia


父からの暴力に苦しんでいたという女子中学生。そんな女子中学生を救った大学生の対応に対して多くの称賛の声が寄せられるなど話題となっているのでご紹介します。


父親から暴力を振るわれていたのは、兵庫県西宮市内の中学1年の女子生徒。その女子生徒の保護に尽力したとして、関西学院大2年の森田悠斗さんが宝塚署から感謝状を贈られました。

出典:Twitter@YahooNewsTopics


森田さんは、精神的に追い込まれていた女子生徒の気持ちをくみながら窮状を聞き出し、県警に連絡したといいます。


家に帰れない…父親に殴られている

6月2日夜、森田さんは阪急門戸厄神駅(もんどやくじんえき)付近の商店の前で、雨宿りする女子生徒に気付いたそうです。雷雨がひどかったため、森田さんは女子生徒に傘を渡した後に帰ろうとした際、女子生徒は悩みを森田さんに明かしたといいます。

「家に帰れない。父親に殴られている」

当初、森田さんは警察に行くことを勧めたそうですが、女子生徒が拒んだため、森田さんの通う大学の後輩の女性を呼び、森田さんの自宅で約2時間にわたって、女子生徒の苦悩を聞いたといいます。

出典:Twitter@su_u1021


森田さんらと話をしていた女子生徒は、父親から殴られているといい、マスクを一度も取らなかったそうです。父親が起きる前に学校に行き、父親が就寝してから家に帰るという生活を続けていたそうです。

そんな様子をみて森田さんは、「県警なんでも相談電話(#9110)」に通報し、現在女子生徒は父親とは離れて児童相談所に保護されているそうです。

出典:Twitter@kishunotukkun

出典:Twitter@Piacere_Miyabi

(一方で、このような声も…)

出典:Twitter@ss6587654

確かに、善人が悪人にされてしまう可能性もはらんでいたとも言えるかもしれません。


今回、森田さんの機転のきいた勇気ある行動で女子生徒が救われたと思いますが、世の中には多くの人達がこうした問題を抱えていると思います。身近にいる人間が親身になって話を聞いてあげることの大切さを、改めて感じる出来事でした。



出典:kobe-np

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加