戌年ということで…「人面犬」かよっ!月刊ムーが監修するUMA年賀状がヤバい!

main 出典:prtimes


「月刊ムー」が監修するUMA年賀状がヤバい!と話題になっているのでご紹介します!


「月刊ムー」といえば、「世界の謎と不思議に挑戦するスーパーミステリーマガジン」をキャッチコピーに、1979年に創刊された超常現象専門誌。オカルト・ミステリー好きには定着している専門誌です。

今回、そんな「月刊ムー」とプリンターの販売会社・ブラザーがコラボ。十二支が全て正体不明のUMA(未確認生物)と化したミステリー世界ならではの「UMA年賀状」をつくりました!

fewfadfea_R 出典:prtimes

例えば、こんな感じに…。非常に独自性の強い年賀状です。

sub2_R 出典:prtimes

2018年は戌(いぬ)年ということで、なんと「人面犬」!!

sub1_R 出典:prtimes

そのほかにも、引っ越し案内やバースデーカードなど年賀状以外のプリントコンテンツも用意されています。

sub4_R 出典:prtimes

「月刊ムー」監修だけあって、さすがの内容。引越しの表現はこうなるんですね。

sub3_R 出典:prtimes


プリントで起こる超常現象とは!?

月刊ムー編集長の三上丈晴氏が、プリントで起こる超常現象について語っています。

sub5_R 出典:prtimes

「ポストカードであれ封書であれ、私信を送る、受け取るという関係は個の絆を具象化したものだ。

私はあなたのことを知っている、一枚の紙によってあなたと結ばれる……と書くとややオドロオドロしいが、電子情報が氾濫する現在、手紙のスピリチュアル性は相対的に高まっているといえるだろう。

『ムー』が監修した超常現象や未確認動物をモチーフとしたデザインを通じて、「わかっている」者同士の絆を確認してほしい。

そういえば、「富士山とプロビデンスの目」のデザインは、日本のフリーメーソンも意匠に取り入れている。このデザインを使ったポストカードは、なにやら秘密の関係を意味してしまうかもしれない……」



また、このコラボの成功を願い、制作に携わった担当者たちが神社で祈祷を捧げたそうです。

sub8_R 出典:prtimes

sub7_R 出典:prtimes


年賀状をおくる人が減少している昨今、このコラボ年賀状にかける思いは並々ならぬものがあるようです。


十二支が全て正体不明のUMA(未確認生物)と化した前代未聞の年賀状… 出す側も受け取る側も楽しめそうですね!気になる方はぜひチェックしてみてください!

こちらから無料でダウンロードが可能です。※全てハガキサイズ印刷用データ。

UMA年賀状ダウンロード



出典:prtimes

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加