東海大相模45年ぶり優勝!!仙台育英は東北勢初の優勝ならず

e 出典:twitter.com


第97回全国高校野球選手権決勝(東海大相模 対 仙台育英)が8月20日、甲子園球場で行われ、東海大相模が45年ぶり2度目の全国制覇を果たしました!

出典:twitter.com

出典:twitter.com


試合は一進一退の攻防

東海大相模は今秋のプロ野球・ドラフト1位候補にも挙がる本格派左腕・小笠原慎之介投手が先発。対する仙台育英の先発は、準決勝で早稲田実業を6安打完封した佐藤世那投手。試合は100年目の大会の決勝に相応しい一進一退の白熱した試合となります。

東海大相模は初回、杉崎選手と豊田選手の連続適時打が飛び出して幸先よく2点を先制。さらに3回にも怒涛の4連打で2点を追加します。

しかし、仙台育英も反撃を開始。お返しとばかりの4連打で一挙3点を奪い1点差まで詰め寄ります。

その後、6回には仙台育英に同点に追いつかれるも、同点で迎えた9回表、小笠原投手が自らのバットで起死回生の本塁打。さらに、この一発で勢いづいた東海大相模の打線は集中打で4点を追加。一気に優勝を引き寄せました。



小笠原投手は161球の完投…最後までマウンドに

小笠原投手は6失点と苦しみましたが、7回からは見事な無安打投球。161球の完投で仙台育英の追い上げを封じました。

出典:twitter.com


仙台育英、東北勢初の優勝を逃す

東北勢初の優勝を期待されていましたが、惜しくも決勝で敗れた仙台育英。”東北に優勝旗を持って帰る”という悲願は残念ながら叶いませんでした。


寄せられていた声


出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com


好試合が多く、連日盛り上がった夏の高校野球100年目の大会。最後の決勝戦も節目の戦いに相応しい素晴らしい試合でした!東海大相模のみなさん、本当におめでとうございます!仙台育英のみなさんも東北初の悲願はなりませんでしたが、素晴らしい戦いを見せてくれました!

そして、日本中に連日感動を与えてくれた全ての球児のみなさん、本当にありがとうました!野球はやっぱり素晴らしい!



出典:headlines.yahoo.co.jp

e
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加