中3女子が書いた「枕草子」のアレンジが、ナイスセンスで大爆笑だと話題に!

main 出典:twitter.com

中3女子が書いた「枕草子」のアレンジがナイスセンスで大爆笑だと話題になっているのでご紹介します!

こちらが話題のツイートです。

出典:twitter.com

どうやら投稿者の妹さんが、学校の授業で「自分なりの季節感を春はあけぼの調で書く」という課題を出されたようです。そして、妹さんが書いたものが秀逸だと評価され、教育研究会が配布している冊子に掲載されたそうです。すごいですね!どんな内容なのか気になります。

まずは、課題となっている清少納言の「枕草子」(「春はあけぼの」で始まる)を以下に記します。四季折々の自然の美しさや味わいを綴っています。

春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山際、少し明かりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。

夏は夜。月のころはさらなり、闇もなほ、ほたるの多く飛びちがひたる。また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。雨など降るもをかし。

秋は夕暮れ。夕日の差して山の端いと近うなりたるに、からすの寝所へ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど飛び急ぐさへあはれなり。まいて雁などの連ねたるが、いと小さく見ゆるは、いとをかし。日入りはてて、風の音、虫のねなど、はたいふべきにあらず。

冬はつとめて。雪の降りたるは、言ふべきにもあらず、霜のいと白きも、また、さらでもいと寒きに、火など急ぎおこして、炭もて渡るも、いとつきづきし。昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も、白き灰がちになりてわろし。



(現代語訳)

春は明け方がいい。だんだんと白くなっていく山の稜線が、少し明るくなって、紫がかった雲が細くたなびいている景色が、趣き深くていいのだ。

夏は夜がいい。月が輝いている満月のころは言うまでもなく、月が出ていない新月のときでも、ほたるが飛びかっている光景がいい。また、ほたるが1匹2匹と、ほのかに光って飛んでいくのも趣きがある。雨など降るのも趣きがある。

秋は夕暮れがいい。夕日がさして、山の端に近くなっているところに、からすがねぐらに帰ろうとして、3羽4羽、2羽3羽と急いで飛んでいく様子さえも、しみじみとした趣きがある。ましてや、雁などが列をつくって連なっているのがとても小さく見えるのは、たいへん趣き深い。日がすっかり沈んでしまってから聞こえてくる、風の音や虫の声などもまた、あらためて言うまでもないことである。

冬は早朝がいい。雪が降っている朝は言うまでもない。霜がおりて白くなっている朝も、また、そうでなくても、とても寒い朝に火などを急いで起こして、炭を持って運びまわるのも、冬の朝にたいへん似つかわしい。しかし、昼になって、寒さがゆるんでくると、火おけの火も白い灰になってしまって、よくない。



学生時代の国語の授業が懐かしく思い起こされますよね。そして、以下が話題となっている妹さんのアレンジバージョンです。

「病気」

春は花粉症。やうやう赤になりゆく眼球、すこし明かりて黄色だちたる鼻水のほそくたなびきたる。

夏は熱中症。猛暑のころはさらなり。屋外イベントもなほ、患者の多く倒れたる。また、ただ一日二日など、寝込むもをかし。だらけるもをかし。

秋は風邪。木枯らしが吹き、冬のいと近うなりたるに、ティッシュを買いに行くとて、二回三回とくしゃみするさへあはれなり。

冬はインフルエンザ。鼻に綿棒を突っ込まれるは言うべきにもあらず。リレンザのいと白きも、また、さらでもいと辛きにポカリなど、急いで買って来て、氷のうもて渡るもいとつきづきし。



「病気」というタイトルが示す通り、四季折々で襲いかかってくる各種の症状を表現しています。それにしても、「病気」という素っ気ないタイトルもナイスですね。また、「屋外イベント」やインフルエンザ治療薬の「リレンザ」といった単語が要所要所に散りばめられていて効いてます。リズム感も抜群ですね。

例えば、春の部分を現代語訳にすると…「春は花粉症。だんだんと赤くなっていく眼球。黄色がかった鼻水が細くたなびいている姿が、趣き深くていいのだ」、秋の場合は「秋は風邪。木枯らしが吹き、冬が近づいてくる頃にティッシュを買いに行こうとして、二回三回とくしゃみをする様子さえも、しみじみとした趣きがある」といった感じでしょうか。なかなか味わい深いものがあります。


(この件に対して寄せられていた声)

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com


確かに、若き才能を垣間見た!という感じですね!独自の文才を放つ、妹さんの今後の成長が非常に楽しみです。



出典:twitter.com

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加