甲子園出場を決めた歓喜の瞬間、勝利チームのキャッチャーの行動に称賛の声

CoIB5uiVMAIlrtKr 出典:twitter
今、高校球児の中で注目を浴びる一人のキャッチャーがいます。それは、甲子園初出場を決めた島根県代表の出雲高校のキャッチャー”林将広”くんだ。高校野球島根県大会決勝、出雲高校は立正大湘南を破り甲子園初出場を決めた瞬間、出雲高校の選手たちは一斉にマウンド上に駆け寄りました。しかし、ただ一人”林将広”くんだけはその輪に加わていなかったのです。その理由に多くの賞賛が寄せられています。

歓喜の瞬間にも冷静なキャッチャー

これが、優勝が決まった瞬間。マウンドに集まる仲間をしり目にバットを持つ林くん。
CoIwcqZVUAAX0gpr 出典:twitter/span>
実はこの時、林君は相手選手のバットを相手ベンチまで届けていたのだ!念願の甲子園初出場が決まった瞬間、普通の人なら歓喜で周りは見えなくなり、みんなで喜びを分かち合うため、ダッシュしてしまうでしょう。しかし、彼は冷静にバットを片付けるという行動をとりました。視野の広さや冷静な判断が求められるキャッチャーとしての資質も素晴らしそうですね!

▼甲子園出場が決まった瞬間の映像も投稿されています。


バックネット裏からの映像
<動画はこちら>

出典:YouTube

キャッチャーの林君の冷静さがよくわかりますね。この瞬間にこの行動が出来るのは本当に凄いと思います!尊敬しますね!

人間性は今大会随一の林君!甲子園での活躍に期待が集まります!夏の甲子園は8月7日(日)から開催されます。がんばれ出雲高校!!


出典:twitter / mobypicture.com

CoIwcqZVUAAX0gpr
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加