「温かい取組みだね」「続けてほしいな」駅のツバメの巣の下に“フン受け板”を設置 京王電鉄

main
出典:keio

「ツバメとの共生…いいね!」「ナイスアイディア。温かい試みだね!」

京王電鉄が、駅のツバメの巣の下に“フン受け板”を設置することを発表。2014年度から実施している取組みを今年も実施するそうです。


出典:twitter

認定特定非営利活動法人バードリサーチ協力のもとに実施しているというこの施策。ツバメが巣作りをする春から初
夏にかけて、駅の設置可能な箇所にツバメのフン受け板を設置するそうです。

こちらが、フン受け板のデザイン。京王電鉄キャラクターけい太くんをあしらっています。

sub1_R
出典:keio

この取組みが行われた背景には、里地里山の減少、巣作りに適した軒下がある日本家屋の減少などによって、駅にも巣を作る事の多いツバメの住環境への配慮があります。

ツバメのフンが駅利用者や施設の床に落下することを防止しつつ、ツバメの成長を温かく見守ります。


出典:twitter


出典:twitter

ちなみに、駅構内の通行の多い箇所には鳥が入り込まないようネット等の対策を施しているそうです。ツバメが巣を作る時期を中心とし、4月~7月頃まで設置されるそうです。


出典:twitter


出典:twitter

ツバメと人間との快適な共生を目的としたフン受け板。今後も継続してほしい取組みですね!


出典:keio


関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事