まるでインターネットの世界に迷い込んでしまったよう…中国の巨大図書館が近未来感あふれる!

main 出典:YouTube


まるで地層の断面に囲まれた世界へ迷い込んでしまったような空間。これは、中国の天津濱海図書館。中国の都市にちなんで命名されました。近未来的な建物はロッテルダムの建設会社(MVRDV)によって考案され、天津市都市計画設計研究所(TUPDI)と共同設計されました。

001 出典:YouTube

敷地は、32,000平方メートル。

01 出典:YouTube

120万冊の本を所蔵していると言われています。

02 出典:YouTube

そういえば、お目当ての本はどうやって探すのだろう…。

03 出典:YouTube

斬新なフォルムに魅了され…

04 出典:YouTube

いろんな事が気になって目的にたどり着けなくなりそう。

05 出典:YouTube

でも、こんな空間に迷い込んでみたくなるほど、不思議な世界。

06 出典:YouTube

図書館のインテリアに溶け込んだキッズスペースも、また別世界のよう。

07 出典:YouTube


いかがでしたか?世界には、こんなスケールの大きな図書館があるのですね。インターネットの世界に迷い込んでしまったような錯覚に陥りそうです。

図書館上部にある本はどうやって手にとるのか。図書館の中の検索機能を使って探した本は、どうやって区分けをされているのだろうか…気になる所はありますが、機会があるならこんな図書館へ行ってみたいですね。

動画はこちら




出典:YouTube

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加