障がいからくる様々な行動を“ユルく分かりやすく紹介”したポスターに反響


障がいからくる様々な行動を“ユルく分かりやすく紹介”したポスターに多くの反響が寄せられるなど話題となっています。

ポスターとは、横浜市の港南区自立支援協議会が作成したもの。障がい特性から生じるさまざまな行動を知ってもらうことで、温かく見守ってもらいたいという思いを込めて作られたそうです。

こちらがそのポスター。


障がいをもっている方は、他の人には理解しにくい行動をとることがありますが、その場合には全くもって悪気はありません。

ポスターには「ぶつぶつ話したり…」「うろうろしてみたり…」等といったいくつかの行動が分かりやすい文言とイラストで表現されていますが、そういった行動を見かけた方も多いはずです。

確かに、事前に「こういうことなんだ」と理解しておけば、お互いに寛容な気持ちで接したり、見守ったりすることができますね。


(寄せられていた声)






「障がいのことを知らない人は理由がわからないから不安になる」という意見がありますが、確かにその通りだと思います。

このようなポスターで周知してもらえると、障がいに対する理解が広まって皆が温かい気持ちになれますね。


障害理解啓発のポスターを作りました(横浜市)


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:city.yokohama / Twitter(@hakkado88) / Twitter(@maya_redlight) / Twitter(@87ichimonme)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加