住みたい街ランキング常連の“吉祥寺”へ向けて、住みたい田舎日本一の“鳥取市”が挑発的なポスターを公開!


「満員電車ってどんな感じですか?」

住みたい街ランキングで常に上位にランクインする吉祥寺へ向けて、住みたい田舎日本一の鳥取市が挑発的なポスターを公開しました!

このポスターは、3年目を迎える「すごい!鳥取市 ワーホリ!麒麟のまち拡大版お試し体験ツアー」の受付開始を告知するポスターです。

一つ一つのメッセージにインパクトがあって、心に残ります。




鳥取市は、宝島社が発行する「田舎暮らしの本」で2017年に「住みたい田舎」ランキングで総合部門1位を獲得。そんな鳥取市が今年も実施するのが、田舎暮らし体験プログラム「すごい!鳥取市ワーホリ!」。

プログラムもユニークなものばかり。昨年話題となった、都会での仕事に疲れた方にお勧めの「ストレスOFF保証プラン」や、カラダも心もキレイになりたいという方にお勧めの「わたし巫女になる!リアルみそぎプラン」に加えて、女性ハンターのもとで狩猟体験ができる「ハンター×ハンター×ハンター!プラン」が追加されたそうです。



ポスターを見てみると、思わず鳥取市に行きたくなってきますよね。



《今年はワーホリのエリアを拡大!》
ちなみに今年は、鳥取市とその周辺6町を合わせた“麒麟のまち”にエリアを拡大。麒麟のまちの暮らしをリアルに体験できる2泊3日の「すごい!鳥取市 ワーホリ!麒麟のまち拡大版 お試し体験ツアー」として、5組15名(1組最大3名)の方を支援金付きでご招待する特別モニターキャンペーンも実施するとのこと。

特設サイトでは、31名の麒麟のまちの住人とチャット形式で会話をすることが可能。ブラザー&シスター候補と呼ばれる彼らとは、ワーホリ!に参加することで対面でき、意気投合した場合は義兄弟として、婚姻届けならぬ「ブラザー&シスター届け」を鳥取市公認印入りで発行するそうです。とてもユニークな取組みですよね!


ポスターは吉祥寺に掲出!

これらの鳥取市の取組みを告知するポスターを、東京・吉祥寺駅に掲出するところも面白いと思います。一番住みやすい田舎から、一番住みたい都会の街へ向けているところがいいですね!



ポスターは全部で18種類。


鳥取市の取組みに興味のある方は、特設サイトの方もぜひチェックしてみてください!
俺の鳥取ブラザー、私の鳥取シスター(特設サイト)


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:鳥取市リリースより

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加