ん?どこかで見たような… 堺市博物館の公式キャラクターが「アレに似ている」と反響


ん?どこかで見たような…。

堺市博物館の公式キャラクターが「アレに似ている」と、Twitterで反響を呼んでいるのでご紹介します!

投稿されたのは、Twitterユーザーの道具屋ニックス@douguyanixさん。


こちらのキャラクターは、堺市博物館公式キャラクターのサカイタケルくん。平成25年、堺市博物館で開催された全国巡回展・籔内佐斗司展「やまとぢから」をPRするため、堺会場の特別キャラクターとして制作されました。

「名前と服装変えればバレないとでも思ったのか?」ということですが、確かにこの顔はどこかで見覚えがあるような…。

この投稿には多くの声が寄せられていましたが、多くの方が同じことを思っていたようです。





ユーザーの皆さんが一様に指摘しているのが「せんとくん」。そう、平城遷都1300年記念事業の公式マスコットキャラクターとして知名度の高い、あのせんとくんです。


確かに顔は似ていますね!

実は、このせんとくんとサカイタケルくんの生みの親は同じ方で、制作されたのは堺出身の彫刻家の籔内佐斗司さん。同じ顔に見えてしまう方が多いというのは、そういうことだったのです。せんとくんの認知度が高いからこその皆さんの反応だったとも思います。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@douguyanix) / Twitter(@kintolady) / Twitter(@vegamomo92) / Twitter(@KAPUCHI8302525)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加