台湾の街の風景が不思議な世界に変わるひととき…幻想的な写真が話題に


こちらの幻想的な風景は、台湾の九份(きゅうふん/ジォウフェン)という街。レトロな建物にいくつもの提灯という、まるで映画『千と千尋の神隠し』のような街並みが人気のスポットです。

そんな九份でしめ鯖(@zz_saba)さんが撮影した写真は、幻想的で美しいのはもちろんのこと、この風景が一瞬しか見られないことでも話題になっています!
まずはその写真をご覧ください。






本当に異世界に迷い込んだような雰囲気ですね!しかし、人気スポットだけあって、ほとんどの時間帯は観光客でごった返しているとのこと。


提灯の明かりが灯っている夜の時間帯を目当てに訪れる人も多いので、多くの観光客が帰ってから提灯が消えるまでは、ほんのわずかな時間。撮影旅行に来た人にとっては、運命のシャッターチャンスなのですね!

このツイートを見た人たちからは、それぞれの撮影した九份の素敵な写真が寄せられています。



こんなレトロで幻想的な街並みが楽しめる九份に、ぜひ訪れてみたくなりますね!

写真を投稿したしめ鯖さんは、国内外を旅してゲームの中のような風景を撮影したり、その風景に溶け込む衣装で撮影する活動「幽玄一人旅団」を行なっています。






どれも雰囲気ある写真ばかりですね!ぜひこちらもご注目ください。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@zz_saba)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加