病院へ行く?救急車を呼ぶ? 夜中に急激に苦しくなって「救急相談センター」に電話した話


夜中に急激に体調が悪くなった時、あなたはどうしますか?

病院へ行く?救急車を呼ぶ…?
色々な選択肢が頭に浮かぶと思いますが、中々自分だけでは判断がしづらいですよね。

Twitterユーザーで漫画家の七坂なな(@7saka_7)さんは、ある夜、長引く風邪を押して仕事をしていると、どんどん苦しくなって息が苦しくなって、呼吸困難になってしまったのだとか。

その時、七坂さんがとった行動は…

救急相談センターに電話した話






おおお、これは大変でしたね…。

救急車で運ばれ、そのまま気管支炎で入院した七坂さん。漫画にもある通り、朝を待って病院に行っていたら、もっと入院が長引いたかもしれませんよね。

因みにこの漫画で出てくる『#7119』は、東京をはじめとする一部の地域で利用されている救急相談センターの番号ですが、救急相談センター自体は各地で番号が違うので、この機会にチェックしておくといいかもしれません。

全国の一般救急相談センター窓口一覧


いかがでしたでしょうか?夜中に急激に苦しくなった七坂さん、救急相談センターのことを思い出して、本当によかったですよね。私もこの漫画をきっかけに、自分の住む地域の番号を、さっそく登録しておきました。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:twitter(@7saka_7)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加