もっと広まれ!ヤマトのドライバーさん、踏み切りに閉じ込められた高齢者を助ける


悪いうわさや評判は瞬く間に広がるのに、いい話って中々伝わらないもの。。。

今回は、こういう話こそもっと広まって欲しい!と思うようなエピソードをご紹介します。

ヤマトのドライバーさん、踏み切りに閉じ込められた高齢者を助ける

こちらの投稿は、Twitterユーザーのすいろく(@suiroku)さんのツイート。

ではでは早速ご覧ください。


素晴らしい…こういった場面を目の当たりにしても、中々行動に移すのって難しいですよね。

因みに投稿者のすいろくさんによりますと、こちらのエピソードは12月7日の午後1時頃のことだそうで、埼玉県内の東武東上線・霞ヶ関駅前の踏切にて自転車を押した高齢者の男性が立ち往生していたとのこと。そこへ踏切を待っていたヤマトの配達員さんが、乗っている車から降りて踏切内に入り、遮断機が下がった踏切からの脱出を一緒に試みていたのだそう。

すいろくさんは、ツイートにもあるようにこのエピソードを届けたい一心で、ツイートする以外にヤマト運輸さんにもメールで報告したとのことです。

ああ、ご本人に届いているといいな…。

この投稿に寄せられた声

この投稿に対して、

『ヤマトの配達員さん、いろんな所で人助けしてますね。』 
『うーーん素晴らしいです』 
『ヤマトの人も素晴らしいけど、すいろくさんも何て素敵な人!と思いました。』


などなど、たくさんのコメントが寄せられました。

さてさていかがでしたでしょうか?勇気あるヤマトの配達員さんの行動、たくさんの人に伝わって欲しいですよね!どうか、このお話がご本人にも届きますように。。。

出典:twitter(@suiroku)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加