そういう意味だったの!?人気お天気キャスターが教えてくれた関東での雪予報の意味


段々と寒くなってきました。こうなってくるとそろそろ雪のことが気になりますよね。

特に都内に住んでいる人は、雪に慣れていない方も多いので、積雪があると都心はパニック。通勤通学に苦労した経験のある方は多いのではないでしょうか。

でも天気予報で雪の情報を言っているのを見て、「これどういう意味?」なんて思うことありませんか?

雪が降るって言ってるけど、どこにどのくらい降るのか…

そんな天気予報での言葉の意味を、人気お天気キャスターの河津真人(@makotokawazu)さんが分かりやすくTwitterで教えてくれました!その投稿が話題になっているので、みなさんもぜひご覧ください。


「23区内で雪→練馬で降るかなくらい」に思わず笑ってしまいました(笑)

そんなざっくりしてるのか…。でもなんとなくわかるかも。

ちなみに矢印左側が「天気予報」の言い方で、矢印右側が「現実」です。皆さんは思い当たる節はありますか?

投稿に寄せられた声


天気予報って非常に難しい言葉も多く、素人には分かりにくいことも多いですが、河津さんのように分かりやすく伝えてもらえると非常にありがたいです。

兎にも角にもこれから冬本番ですので、雪が降った場合の対策は万全にしておきたいですね!


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@makotokawazu)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加