『一口でも食べられたなら…』離乳食をあまり食べない息子に医師が言った言葉が独特でやさしい


せっかく作った離乳食を我が子が食べない…

これって地味に心を削られますよね。Twitterユーザーのまめきち(@mamekichi0625)さんの息子さんも、あまり離乳食を食べないとのことで、ある日そのことを小児科の先生にポロっと話したのだそう。

すると返ってきたのは、なんとも独特でとっても優しい言葉でした。

医師が言った独特だけどやさしい言葉


優しい先生だな…
まめきちさんの気持ちもくみながら、息子さんのことも褒めてあげて、とっても心遣いを感じますよね。エピソードこそ独特ですが、本当にほっとするような答え。とってもいい先生だなあ。。。

ところで…

と、ここで気になるのが、先生の言葉に出てくるエチオピアの主食ですよね(笑)

4日間いても飲み込むことすらできないって一体どんな代物なんでしょうか???

出典:flickr

ジャジャーン!!!
こちらが噂のエチオピアの主食、『インジェラ』なるものでございます!このデローンと下に敷かれているやつですね。

うーん、見た目だけならガレットみたいで美味しそうじゃないかい?と思ったのですが、その評判をネットで調べてみると…

『舌先に触れるだけで「オエッ」と吐き気がする』
『見た目は雑巾、味はゲロ』
『エチオピア最大の試練』


などと書かれていました…(笑)
なるほど、先生すごいものを口にしていたんですね(笑)辛い経験があるからこそ、人に優しい言葉をかけてあげられるのかもしれませんね(笑)


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:twitter(@mamekichi0625) / flickr

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加