イギリスが子犬・子猫のペットショップでの販売を禁止へ…「日本でも法整備を」「日本も追随してほしい」


「日本でも法整備を」「日本も追随してほしい」

イギリスが、子犬・子猫のペットショップでの販売を禁止する新法を、来年導入することを発表しました。


この新法の策定にあたり、イギリス国内で意見公募をした結果、実に95%の人々が子犬・子猫のペットショップでの販売禁止に賛成だったとのこと。

イギリス政府はこの新法により、営業許可の有無にかかわらず、ブリーダーが非倫理的な環境で育てた子犬や子猫をペットショップに大量供給する状況を防げるだろうとの見解を示しています。


生後6ヶ月未満の子犬・子猫の購入希望者や受け入れ希望者は、今後はブリーダーや動物の里親あっせん施設と直接取引をしなければいけなくなります。

このイギリスの新法に関しては、日本からも多くの声が挙がっていました。







犬や猫のことを考えれば当然の流れだと思いますし、実際に踏み切ったイギリスの取組みは素晴らしいですね。

日本もそうですし、世界各国でこのような取組みが広がっていけばいいなと願います。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:dailymail / afpbb

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加