「敵は、嘘。」「嘘つきは、戦争の始まり。」宝島社の企業広告のメッセージに考えさせられる


「敵は、嘘。」「嘘つきは、戦争の始まり。」

宝島社が1月7日に掲載した企業広告に書かれているメッセージです。同社はこれまでにも、商品では伝えきれない“企業として社会に伝えたいメッセージ”を届けるため、企業広告を長年にわたって展開。

その内容が評価されて、数々の広告賞(読売広告大賞、朝日広告賞、朝日新聞読者賞、日本新聞協会 新聞広告賞、ADC賞、TCC賞、グッドデザイン賞ほか)を受賞。広告が掲載されるたびに話題を振りまいてきました。

【2018年10月】企業広告「あとは、じぶんで考えてよ。」「サヨナラ、地球さん。」



【2018年1月】企業広告「世界は、日本を待っている。」2018 第34回 読売広告大賞(カルチャー・エンターテインメント部門 優秀賞)


テーマは「嘘」

そんな同社が今回テーマとして掲げたのが「嘘」です。連日メディアを賑わしている隠蔽、陰謀、収賄、改ざんの事件など、世界中に蔓延している嘘。そして、それを伝えるニュースでさえ、フェイクニュースが飛び交い、何が真実なのか見えにくい時代になっているとしています。

そんな現状を踏まえ、嘘についてあらためて考え、嘘に立ち向かってほしいというメッセージが込められているそうです。

こちらが、読売新聞朝刊と日刊ゲンダイに掲載された企業広告「敵は、嘘。」


そして、こちらが朝日新聞朝刊に掲載された企業広告「嘘つきは、戦争の始まり。」


嘘に慣れてしまい、嘘に囲まれて日々生きている私達。一旦立ち止まって、嘘について改めて考える機会も確かに必要だと思います。この広告については様々な声が寄せられています。





同社では、これまでに様々な企業広告を展開しており、ホームページで閲覧することが可能です。





宝島社 企業広告

キャッチコピーとビジュアルで伝わってくる数々のメッセージ。どれもこれも考えさせられるものばかりですね。今後も、同社の企業広告の展開に注目です。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(#敵は、嘘) / prtimes

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加