同じ猫とは思えない!路上で保護された盲目の猫に治療を施したら数週間後、全く別の姿に

出典:Facebook

アメリカ、フロリダ州のとある道端で、一匹の猫が保護されました。

猫の毛並みは白色でしたが薄汚れていて、顔に発生してしまったダニで目が開かず、盲目状態になっていました。

出典:Facebook

目が見えないから餌を見つける事ができなかったのでしょう。非常にやせ細り、危険な状態だったそうです。

そしてその保護した猫はコットンと名付けられ、アニマルフレンズプロジェクトの創設者であるカルメン・モラレスさんによる、献身的な治療が始まりました。

出典:Facebook

定期的に食事を与え、抗生物質の投与による治療を続け、コットンはだんだんと元気を取り戻していきました。

そして数週間が経ち、コットンは驚きの姿へと変貌したのです!

出典:Facebook

わぁ~!綺麗な白猫!え!?これがあのコットン?

薄汚れ、ダニにより目が開かない状態だった顔が、治療の甲斐もあって完治し、真っ白な綺麗な顔に!しかも目の色が左右で違うんですね。かわいい!

出典:Facebook

路上で保護された時には想像できなかったほどの変わりっぷり!カルメンさんも嬉しかったでしょうね。

ちなみに現在コットンはカルメンさんという方のもとで、幸せに暮らしているそうです。コットンは助かったので良かったですが、動物たちにこのような悲劇が起こらないよう、飼い主である人間のモラルが問われるなと、改めて考えさせられるお話でした。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Facebook(@Carmen Morales Weinberg)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加