「刺青・タトゥーのある方の入店OKです」地域の特性をよく理解した銭湯の看板が話題に


創業当時から長年トラブルを抱えることなく営業してきた実績の説明と共に、“当店は、刺青・タトゥーのある方の入店OKです。”と書かれた看板の写真があります。

これは東京の山谷で撮影した、ある銭湯に設置している看板だそうで、Kの日記(@K54479245)さんが投稿してくれました。


・看板の全体写真


私も初めて目にしました。銭湯で刺青・タトゥーの話題なら、大抵は禁止又はお断りの旨を告げる内容ですよね。

Twitter上でも驚きをもって迎えられた様子で、様々な意見が寄せられていました。

Twitterでの反応は…


どうしても、刺青となればこういう風な話にもなりますよね。


他にも、こういう銭湯はあるんですねえ。


そうですよね。

看板の後半ではお店の方針を説明してありますが、大声で話す、長時間裸のままで過ごすといった行為は控える様に注意しているようです。

特筆すべきは、周囲への実質的な迷惑に対してこそ配慮する点であり、刺青・タトゥーの存在そのものはタブーではないとの考え方ではないでしょうか。

銭湯は開業して相当長いみたいですけれど、合理的かつ冷静な判断に古さは少しも感じませんでした。そのギャップが不思議だなーと思います。


写真の投稿者であるKの日記さんは、他にもYouTubeで面白いコンテンツをいくつも提供されています。興味を持たれた方は、Kの日記さんのYouTubeチャンネルをチェックしてみてくださいね。

■ Kの日記さんのYouTubeチャンネル

Kの日記《世間知らずのチャレンジャー》はこちら


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@K54479245)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加