習志野のブラスバンド演奏“美爆音”に苦情が寄せられた問題に、賛否両論さまざまな意見

2019.3.29

出典:flickr.com

熱戦が繰り広げられている選抜高校野球(センバツ)。3月28日に行われた習志野(千葉)と星稜(石川)の試合は、習志野が優勝候補の星稜を破りベスト8進出を果たしました。

この試合で、習志野の攻撃を後押ししたのが、“美爆音”とも言われる習志野のブラスバンド演奏。甲子園のファンにとってはお馴染みとなっていますが、その“美爆音”に対して「うるさい」という苦情が寄せられたようです。デイリースポーツが報じています。



星稜ナインは、習志野と対戦する前に、この“美爆音”を体感するために習志野の試合を観戦していたほどでした。プレーするのは選手ですが、それでも球場の雰囲気を一変させてしまうほどの大迫力の演奏を脅威と感じていたのです。

全国的にも熱狂的なファンも多い習志野のブラスバンド。頻繁にメディアにも取り上げられていますが、今回は別の形でクローズアップされることになってしまいました。

この問題に対しては、さまざまな声が寄せられていました。

肯定的な声


否定的な声


この問題に対しては、実にさまざまな声が寄せられていました。どの意見が正しいとかではなく、どの意見にも一理あると思います。

こうしたクレームは、習志野だけでなく、今後の甲子園のブラスバンド演奏に影響を与える可能性も否めませんし、かといって、主役はあくまで球児だということも正しい意見だと思います。なかなか難しい問題… 皆さんはどう思われますか?

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:yahoo.co.jp / flickr.com / Twitter(@Daily_Online) / Twitter(@asahi_koshien)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加