音楽は言語や文化の壁を超える!通りすがりの外国人との”即興セッション”がめっちゃカッコイイ


ある日、大阪の難波でバンドメンバーとストリートライブをしていた、ベーシストの正垣雄治(@funky_rhythm_)さん。

そのときに一人の通りすがりの外国人男性が目の前に現れ、まさかの即興セッションが始まったのだそうです。

即興で奏でられたグルーヴィーな音色と、突然現れた見知らぬ外国人の歌声。それはまさに『音楽は言語や文化の壁を超える…』と、思わせるようなものでした。

▼ 即興セッションの様子を撮影した動画がこちら


いやー、かっこいい!そしてクオリティーがめちゃ高い!!お客さんも盛り上がっていましたね。

そして続きの動画では、ギターとベースそれぞれのソロが入り、カホンソロが終わるとボーカルが再登場!


そしてエンディングがこちら!


いぇー!ブラボー!!

外国人の方と初めて出会ったとは思えないほど息ぴったりで、なんだか音楽でコミュニケーションをとっているように感じましたね。これこそがストリートの醍醐味といったところなのかもしれません。

正垣さんのYouTubeアカウントには、フルバージョンが投稿されています。フルで楽しみたい方はぜひこちらのリンクからご覧くださいね。



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@funky_rhythm_)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加