気管支喘息患者にとっては命に関わること。歩きタバコなどの受動喫煙について書いた投稿に大きな反響

みなさんは大人の嗜好品である「タバコ」についてどのように思われますか?最近では分煙化も進んできて、タバコを吸わない人にとって少しは過ごしやすくなったかもしれません。

ただし、まだまだ喫煙所の整備が進んでいない場所や歩きタバコなどのマナー違反をされている方がいるのも事実です。

そんな歩きタバコなど外で吸っている喫煙者について投稿した、産婦人科医でプロボクサーの高橋怜奈(@renatkhsh)さんのツイートに多くの反響が寄せられています。

気管支喘息をもっている方からすると微量の煙でも、喘息の発作が起こってしまう恐れがあるようです。

「背後からハンマーで殴られるくらいの衝撃」

喘息持ちの方にとってタバコの煙は、私たちの想像を超えるほどのツラさだということが、この投稿から感じ取れますね。

投稿に寄せられた声

さらに医師の方からはこのような声も寄せられました。

みなさんは投稿を読んでどう思いましたか?

もちろんタバコを吸う人吸わない人で立場は違うので意見が分かれると思いますが、今回のツイートには多くの共感の声が寄せられていました。

そして高橋さんはこのような投稿もされています。

きちんとマナーを守って喫煙されている方もたくさんいる中で、喫煙スペースの整備など、環境面がまだまだ整っていない面があるのも事実です。

タバコを吸わない人はもちろんのこと、愛煙家の方も住み良い社会であってほしいものですね。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@renatkhsh)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事