UNO公式がルールについて驚きの発表!「何を今さら…」「もはやUNOではない」など戸惑いの声が挙がる

2019.5.8

出典:wikipedia.org

「何を今さら…」「もはやUNOではない」

世界的に遊ばれているカードゲーム・UNO。その公式Twitterアカウントが、ルールについて驚きの発表。多くの戸惑いの声が挙がっています。

家で友人を呼んでパーティーをする時、旅行で宿泊する時など、何かと重宝されるUNO。スキップやリバース、ワイルドなど、特殊カードが色々とあって大勢でやると楽しいですよね。

そんなUNOのルールについて、公式が発表した内容がこちらです。


誰かが「ドロー4」のカードを置いた場合、あなたは4枚のカードを引かなければならず、順番はスキップされます。次の人に6枚引かせるために、「ドロー2」を置くことはできません。


なんと、「ドロー2」や「ドロー4」のカードを積み重ねることはルール違反だそうです。相手に何枚も引かせることのできるこの連鎖がUNOの醍醐味のひとつでもありますが、まさかルール違反だとは…。

(寄せられていた声)

・これは僕らが知っているUNOではない。 
・公式に言われたらそうなんだろうけど、今さら言われてもね…。 
・今まで通りやるつもりさ。楽しければいいじゃない! 
・ドロー2とドロー4の積み重ねが面白いのに…残念。


公式による発表ということで、多かれ少なかれ遊び方に影響が出そうな気がしますが、これまで通りのルールで遊びたいという方も多いと思います。

ただ、公式がルールに言及したことにより、良くも悪くもUNOへの注目が集まったということは言えそうです。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:wikipedia.org / Twitter(@realUNOgame)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加