「えっ!そこから顔を出すの?」今までの人生で一番顔出しする必要が感じられない顔出しパネルに遭遇!

観光地やイベントでよく見かける「顔出しパネル」。その多くが、ご当地キャラクターや偉人の顔がくり抜かれており、そこに自分の顔をはめるというタイプのものですよね。

そんな中、浅草にあるシーシャ屋さん(シーシャとは水タバコ)『浅草バーンシーシャ』の公式Twitterアカウントが学会で目撃したという顔出しパネルを投稿。そのパネルは、今までの常識を覆すものだったのです…!!

顔出しする必要が感じられない顔出しパネル

蛋白質と細胞生物に関する学会で目撃された顔出しパネル。その衝撃の顔出し部分をご覧ください!

筆で書かれた風の「蛋白質」「細胞生物」の文字。非常に力強さを感じます。

そしてそれぞれの文字と文字の間に空いた顔出し用の穴…。まさかここから顔を出すというのでしょうか?

とりあえず顔を出させるためだけに穴を作ったようなこの無理やり感がたまらないですね(笑)

寄せられていた声

「顔にペイントして文字を完成させたい」という、これまた斬新なアイデアも飛び出していました(笑)

驚きの顔出しパネルの秘密

なにやらこの謎の顔出しパネル、元々は穴が空いた個所に人の顔が描かれているポスターだったらしいです!

いやこんなにちっちゃい顔の部分をよく顔出しパネルにしたなーー!!(笑)理由が分かってもやっぱりこの部分に穴があるのはちょっぴり不自然に見えますよね(笑)

最後に浅草バーンシーシャさんのご紹介もしておきます!

フレーバーもたくさんあるみたいなので是非とも足を運んでみてくださいね!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@Kimejiro)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事