天井から千手観音の手が無数にぶら下がっている…嵐電の中吊り広告がちょっとホラーだと話題に!

天井から千手観音の手が無数にぶら下がっている異様な光景…。嵐電の中吊り広告がちょっとホラーだと話題になっているのでご紹介します!

なぜ千手観音の手が!?

今回、このような装飾があしらわれているのは、11月24日(日)まで運行する期間限定の「嵐電観音電車」。

JR西日本「ちょこっと関西歴史たび」、京都市・京都市観光協会「京の夏の旅」で仁和寺が舞台となることにちなんで、仁和寺観音堂(京都市)の千手観音菩薩の姿や障壁画の様子を嵐電で少しでも知っていただこうと企画されたそうです。

千手観音の手のほかにも、観音菩薩や二十八部衆、障壁画の画像などが、電車の内装・外装にあしらわれています。思い切った装飾でとてもインパクトがありますよね。

こちらは、サイレントヒルっぽくなってしまったという仁和寺。確かにそれっぽい雰囲気を醸し出していますね。

ちょっと怖いけれども…

天井からぶら下がる無数の手…。確かにちょっと怖い気もしますが、千手観音菩薩様の手は多くの人々を救う慈悲と力の広大さを表すとされていますし、いろいろな意味で乗車する価値があるのではないでしょうか。

運行は11月24日までの期間限定となっていますので、京都を訪れる予定のある方は、ぜひ乗ってみてはいかがでしょうか。

真言宗御室派 総本山仁和寺 - 公式サイト

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@Ninna_ji)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事