【カバ最強説】カバが”最強動物”と言われる理由を調べてみた

2019.7.13


大きな頭と体を持ち水辺でのんびりしている。そんな温和なイメージのあるカバですが、実は『動物界最強』『地上最強生物』とも云われ、海外の現地の人からも非常に恐れられているそうです。

百獣の王ライオンではなく、カバになぜ”最強説”が浮上し、畏怖されているのか。今回はそんなカバについて調べてみました!



カバってどんな生き物?


カバは鯨偶蹄目カバ科カバ属の、水陸両棲の草食性哺乳類の一分類群になります。

カバの身体能力

カバは陸上生物の中でもゾウやサイに次ぐ屈指の巨体で、体長は3~4m体重は1.5~4tとかなりの大きさがあります。

その大きな体は分厚い脂肪や真皮と上皮に覆われていますが、表皮は非常に薄く水分が体外に放出されやすいそうです。そのため体が乾燥することを嫌います。

また印象強い非常に大きな頭部を持つカバは、目や鼻孔そして耳が一直線に並んで突出しますが、これによって水中から周囲を伺いつつ呼吸ができるようになっています。さらに耳や鼻孔は閉じることができ、水中で水が入らないような仕組みになっています。

カバの住んでいるところ

そんなカバはアフリカ大陸のサハラ大陸以南の湖や河川に沼などの水辺近くを生息地としています。半水生のほ乳類なので一日の大半は水中で過ごしているそうです。そして夜になると食事のために陸に上がるそうです。

意外なことに夜行性らしいです。

カバの食事

カバの食事は草や芽や茎、そして樹皮だそうです。1日の食事量は40kgほどで、体重に対して他の草食動物より圧倒的に食べる量は少ないようです。

これは水中で大半を過ごすことでエネルギー消費を抑えているからなんだとか。こちらも意外なことに小食家だったんですね。




カバは地上最強生物なの?


カバが「最強」と言われている、その理由を5つにまとめてみました!

1. 大きな体

分厚い脂肪に覆われていて樽のように丸みを帯びた体格ですが、その脂肪もあってか非常に体重があります。

前述したように、体長は3~4mあり、体高も1.5mもあるのでかなりの巨体さですね。その大きな体だけでも強いと言われるのがわかります。

2. 実は足が速い

大きな体と足の短さから動きは鈍そうな印象がありますが、なんとカバは足が速いんです!

そのスピードは時速40km!!

なんと100mの世界新記録を樹立したウサイン・ボルトよりも速い計算になります。たださすがにその巨体さゆえにスピードを維持し長距離走るというスタミナは無いようですが。

3. 泳ぐのも速い


水陸両棲なカバですが、水中での移動も速く、最速で時速60kmにもなるそうです。

水中では陸上より更に高速で移動できるカバですが、比重が水よりも大きいので体が水に沈み、水底を歩くことができます。そう、実際は泳いでいるのではなく、後肢を伸ばし前肢だけで水底を移動している。つまり水底を蹴ることで水中を走っているのです。

水中でのカバの速さがわかる記事がありますので、こちらをご覧ください。あんな巨体が、こんなスピードで迫ってきたらマジで怖いです…。

▼ 関連記事 ▼
【驚異】謎の生物がボートに襲いかかる!!謎の生物の意外な正体とは・・・

4. 最大の武器は”口”


カバの大きな口、これがカバの最大の武器になります。その口はなんと150度まで開くことができます!これは非常に発達した顎の筋肉と関節の構造を持つカバだからこそできることなんだとか。

そして巨大な口には非常に大きく鋭い犬歯が生えています。特に下顎の犬歯は50cmにも達することがあります。この犬歯は食事のためにあるのではなく、威嚇や攻撃に用いるためのものだそうです。

大きく開く口の噛む力もすさまじく、噛む力は1tにもなるといいます。動画にもあるようになんと大玉のスイカをなんなく噛み砕きます。これは圧倒的ですね!

動画はこちら


5. 高い縄張り意識

カバは大きて重く、そして速くて力強いことがわかりました。ではなぜ”最強”とまで言われ、アフリカの人たちから恐れられているのでしょうか。それはカバが非常に縄張り意識が高いためです。

縄張りに侵入するものは肉食獣のライオンや狂暴なワニでさえも、突き飛ばし、重量のある体で踏みつぶすといわれています。

さらに大きく開く口と下顎から生えた巨大な犬歯で噛みつけばワニの体も食いちぎるそうです。温厚なイメージのあるカバですが、むやみに近づくと本当に危険ですね。

カバは最強というより最恐


カバは最強なのか

高い身体能力と危険なまでの縄張り意識のあるカバ、これはもう「最強」と言っていいのではないでしょうか。いえ、残念ながらこんなに強いカバでも勝てない生物はいます。

それはゾウです。

アフリカゾウの体高は3m、体重はなんと6~7tにもなるといいます。超重量級のカバですが、倍以上も体高も体重も違うゾウには転がされることもあるようです。

人間にとっては最恐

さすがのゾウには負けてしまうカバですが、人間から見たら一番恐ろしい生物ではないでしょうか。陸上では人より速く、水中では人間は遅くなるのに対してカバは更に速くなる。突進されればトラックにはねられるようなものですし、噛まれたらとなると…考えたくもないですね。

そんな能力のあるカバの縄張りに気付かぬうちに入ってしまい、逃げられたとしたら奇跡といっても過言ではないでしょう。

実際に被害者数がかなり多くアフリカでは毎年推定約500人、多い年では2,900人もカバに殺されているそうです。カバは夜行性なので、街灯の少ないケニア周辺では夜間に外出した際、近くの川辺や草むらにカバがいることに気付けず被害に遭ってしまう、そんな方もいるみたいです。

こういったことを鑑みるとカバは人間にとって最恐の動物、そういっても過言はないですね…。

カバの赤ちゃんの可愛さは異常


そんな恐ろしさを持つカバですが、赤ちゃんカバは異常に可愛いですね!

これはまさにマスコットなかわいさの赤ちゃんカバ


この可愛さをご覧ください。水に入った後のこのピカピカさは、他の動物の赤ちゃんではなかなか見られないのではないでしょうか。

動画はこちら


動画はこちら


かわいいカバの赤ちゃんをもっと特集した記事がありますので、こちらも併せてご覧ください。

▼ 関連記事 ▼
カバの赤ちゃんってこんなにかわいいの?みんな骨抜きになっちゃう!

まとめ

最後に赤ちゃんカバを見て癒されましたが、恐るべきカバの実態が分かりました。一見温厚なカバでしたがとんでもなく強い動物だったんですね。

これからは動物園に行ってものんびりしてますね、とはとても思えなくなりそうです。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:YouTube(カバのスイカまるごとタイム Hippo’s watermelon ASMR) / YouTube(ミニカバの赤ちゃん誕生!) / YouTube(ミニカバ赤ちゃん、プールにデビュー♪)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加