テニスでラブを使う由来は?ラブの意外な意味と「ラブゲーム」や「ラブオール」の意味も紹介


硬式テニスの点数の言い方は、他のスポーツと違いちょっぴり独特ですよね!特に気になるのが0のことを「ラブ」と呼ぶことです。

「ラブ」と聞くと一般的には「愛」とか「愛情」を思い浮かべますよね。

なぜそんな呼び方になったのでしょうか!?その由来やラブの意外な意味を、テニスでよく聞く「ラブゲーム」「ラブオール」といったワードと共にご紹介します!

テニスで「0=ラブ」とする由来


さっそく0がなぜ「ラブ」と呼ばれるようになったのか。その由来を解説したいと思います。

テニスのポイントは0-15-30-40

硬式のテニスは他のスポーツと違い点数のカウントの仕方が非常に独特で、0点1点2点3点…ではなく「0-15-30-40」となります。

40を取った後にポイントを取ることで1ゲーム獲得できます。

初めて聞くとすこし戸惑ってしまいますよね。なぜ0のことを「ラブ」と言うのか、諸説ありますが有力なものをいくつか紹介します!

フランス語の卵を意味するロエフ由来説

1つ目が、フランス語で「卵」を意味する「l’oeuf(ロエフ)」が由来であるとする説です。

0と卵の形が似ていることからロエフと言われ、アメリカにテニスが渡った際にそれが英語流の発音に徐々に変化し、「ラブ」と呼ばれるようになったのではないかと言われています。

オランダ語の名誉を意味するロフ由来説

次が、オランダ語で「名誉」を意味する「lof(ロフ)」が由来であるとする説です。

かつてのヨーロッパではテニスを見ながら賭け事を行うことも多く、その際にお金ではなく「名誉」を賭けることもあり、「名誉」という形の無いものが0の何もないという点とつながり、ラブになったのではないかと言われています。

英語の何もないを意味するラブ由来説

そして、英語での「love」の「何もない」という意味が由来しているとする説もあります。

かつて「love」には「nothing(何もない)」の意味があり、何もない状態から始めるという意味で0をラブと呼ぶようになったのではないかと言われています。

他にも諸説あるので、テニスは本当に謎が多いですね。以前もこちらの記事でテニスの発祥の地や起源いついて紹介しているので是非チェックしてみてください!

▼ 関連記事 ▼
テニスの発祥は紀元前?発祥国や起源は意外なとこにあった!点数の独特なカウントの由来もご紹介

ラブゲームやラブオールの意味


そして「ラブ」からくる言葉「ラブゲーム」「ラブオール」の意味を解説します!

ラブゲーム

ラブゲームとは「0(ラブ)ゲーム」、つまりどちらか片方が1ポイントもとることが出来なかったゲームのことを言うようです。相手を完封して圧勝したということですね!

ちなみにテニスの用語ではありますが「love game」というその字面から恋の駆け引きのことを言うこともあるようで、恋がテーマになるドラマや歌のタイトルで見かけられます。

ラブオール

テニスではポイントが並んでいることを「オール」と言います。つまりラブオールとは「0(ラブ)オール」両選手とも0点で並んでいるという意味になります。

テニスにおいてゲームの最初に「両選手とも0点、0-0から始めます」という意味でコールされます!

テニスの点数に関する豆知識


0(ラブ)について詳しく解説しましたが、ここで点数に関する豆知識もご紹介します!

ポイントの数え方

先ほど軽く触れましたがテニスではポイントを「0-15-30-40」とカウントします。少しややこしいですが、15ずつカウントされていき30の後は40となります。

この非常に独特な数え方にも由来とされる説がいくつかあり、非常に興味深いです!こちらの記事でも紹介しているので是非ご覧ください。

▼ 関連記事 ▼
少しややこしいテニスの点数のルールを、由来まで含めてわかりやすく解説!

勝負の決し方

勝負が決まるまでにも段階がいくつかあります。まずお互い0(ラブ)の状態からスタートし、先に4ポイント取ることで1ゲーム獲得できます。

そして6ゲーム先に獲得することで1セットです。3セットマッチの場合は2セット、5セットマッチの場合は3セット先に取ることで1マッチ獲得、つまり試合勝利となります。

段階が多く最初はちょっと戸惑ってしまいますね。

まとめ


「0」と「love」という一見関係の無さそうなワードが、テニスというスポーツを通じてつながっているのはなんだか面白いですね。

独特な呼び方や点数の数え方があるテニスですが、知ることでよりテニスを楽しむことが出来そうですね!

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加