イカの心臓は3つあるってホント!?心臓を取っても死なないの?

2019.7.20


生物が生きる為に必要な器官の一つが、「心臓」ですね。

基本的には1つの命に1つの心臓と相場は決まっていますが、中には1個体で複数の心臓を持つ種もいるというのをご存知でしょうか?私たちにもなじみの深いあの「イカ」もその一種。

「イカ」の場合は心臓が3つあるそうですが、いったいなぜ3つもあるのでしょうか?3つのうち1つが止まっても死なない…?今回はそんな疑問を解説していきましょう!

イカの心臓は3つ


イカの心臓について

イカには心臓が3つあります。他の生物と同様に全身に血液を送り出すための心臓が1つと、鰓(エラ)心臓と呼れる2つの心臓です。

文字通り、鰓心臓はエラ部分に血液を送る為にある心臓で、補助的な心臓なのだそうです。

イカの心臓の位置

イカの心臓は1つがメインの心臓で、残りの2つは鰓心臓です。メインの心臓の位置は胴体の真ん中あたり、鰓心臓は左右にあるエラの付け根に備わっています。

なぜ心臓が3つもあるの?


心臓が3つある理由

海の中でゆらゆらと悠々自適に泳いでいるイメージのあるイカですが、最大遊泳速度はなんと時速41km!!それがどのくらいか想像できますか?

人間で例えると、陸上競技の100m走を9秒で走る計算です。現時点での100m走世界記録は、ウサイン・ボルト選手の9秒58。海中でボルト選手と同じくらいの速さで泳ぐことができるなんて、すごいですよね。

運動量が多いイカは大量の酸素が必要になりますが、心臓1つでは酸素の供給が追い付きません。メインの心臓は体に、鰓心臓はエラに効率よく血液を送り込むための心臓だったのです。

タコも同じく3つ


イカに似ている生物といえば、タコです。タコも、メインの心臓が1つ、鰓心臓が2つで、合計3つの心臓があるんですよ。3つの心臓の位置と役割は、イカと同じです。

タコは歩いて行動することが多く、泳ぎはそれほど得意ではありませんが、逃げるときの速度はなんと時速40km!しかも海中で歩いて行動していることもあり、体の90%は筋肉なんだとか。

イカもタコもゆらゆらしたイメージとは違って、まるで海中のスポーツ選手ですね。

イカは心臓を1つ失っても生きてるの?


鰓(エラ)心臓はあくまで補助

メインの心臓を失ってしまったら、さすがに生きていくことはできません。

鰓心臓は補助的な役割なので、もしそのうち1つを失っても、すぐにどうにかなってしまうということはなさそうです。エラに酸素が行きわたらなくなるので、徐々に力尽きてしまうことになるでしょう。

他もすごいぞ!イカの不思議


実は目がイイ!

イカは、目が良いといわれています。もちろん視力検査をしたわけではありませんが、構造を調べると0.5程度の視力があります。

一般的な魚の視力は0.1~0.6といわれていますので、なかなかのものですよね。

めちゃくちゃデカいやつがいる!

出典:wikipedia.org

上の写真は、ダイオウホウズキイカの生物標本です。ニュージーランドの首都ウェリントンにある「ニュージーランド国立博物館テ・パパ・トンガレワ」に展示されているようです。

2007年2月に、ニュージーランド南方の南極海で見つかったダイオウホウズキイカは、未成熟の個体ですが体長約10メートル、重さは約500キロもありました。このことから、成熟した個体では全長が20メートルに達するのではないかと考えられています。

捕獲することが難しく、現時点では研究が進んでいないダイオウホウズキイカですが、今後どのように生態解明されていくのか楽しみですね。

こちらはニュージーランドの海岸に流れ着いた巨大イカについての記事です。併せてご覧ください。

▼ 関連記事 ▼
イカっ!デカっ!ニュージーランドの海岸に『巨大イカ』が流れ着く

日本でも巨大イカが発見されました。鳥取県の岩盤に流れ着いた巨大アカイカの記事です。こちらもぜひ!

▼ 関連記事 ▼
抱き枕みたい!お父さんが13キロもあるバケモノ級の「アカイカ」を釣ってきた!く

実は貝類!

貝類は生物学的に軟体動物の仲間であり、イカは「頭足網」として貝類に含まれます。

イカとカイ。

名前は似ていますが、見た目が全然違いますね。でも、「イカの骨」や「イカの甲」と呼ばれている硬い部分は、貝殻の名残なんですよ。

美味しい!

イカは、私たちの食卓に欠かせない身近な食材です。

お刺身、イカフライ、天ぷら、その他にも煮たり炒めたり、塩味もしょうゆ味もみそ味も、とにかく何をしたって美味しく食べられます。それに加えて、タンパク質やタウリン、ビタミンを多く含み、栄養面でも非常に優れているんです。

まとめ


イカの心臓に関する疑問は解消されましたでしょうか?

イカが3つの心臓を持つ理由。それは、海の中でこれまで生き抜いてきた生命力の賜物だったんですね。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:wikipedia.org

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加