免許返納はハレの儀式!ある一言がキッカケで免許を返納したおとうさんとのエピソードが素敵

2019.7.26


Twitterユーザーの政騎(@renrumasaki)さんが投稿した「おとうさんが免許返納してきたお話」がとっても素敵なのでご紹介します!

免許返納はカッコ悪くなんかない!むしろお祝いなんだ!

高齢になり、おとうさんに免許返納を勧めていたご家族。それに対し、当初は「なんでだ、俺は運転する、なんで俺が運転しちゃいけないんだ」と反対していたおとうさんに政騎さんが放った言葉と、その後のストーリーをご覧ください。


免許返納してきたらお祝いだね!」だなんて、そんな風に考えたことありませんでした!

免許を返納することは自分の年齢や衰えを意味しているようで悲しいような寂しいような気がしたり、運転できなくなることでカッコ悪いだとかネガティブに捉えてしまう方もいらっしゃると思います。ですが、本当は「先を見据えたとても良いこと」なんですよね。

自分の考えを真っ向から否定したり無理強いさせられるのではなく、気持ちを汲んだ上でそんな言葉をかけてもらえたからこそおとうさんもご自身の意思で納得して免許を返納することができたのだと思います。

素敵な賞状とケーキを前に喜ぶおとうさんの姿が目に浮かんできて、こちらまでとっても嬉しくなりました♪本当におめでとうございます!

このエピソードにTwitterでの反応は


身内全員でお祝いなんて嬉しいでしょうね!また、免許返納は一つの区切りであり新しい人生のスタートですから「卒業式」という表現もぴったり。

免許返納を決断した人のお祝いとしてみんなでケーキを食べたり、これまで車で連れていってもらったドライブや家族旅行の思い出話に花を咲せたり、そんな迎え方ができたら家族みんながきっとハッピーになれるでしょうね。

政騎さんご家族の素敵なエピソードを読んでほっこり温かい気持ちに包まれました。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@renrumasaki)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加