そんな理由があったのね・・・床一面にオモチャを広げていた息子が片付けを嫌がったワケとは?

床一面にオモチャを広げていた4歳の息子さんに、遊んでいないオモチャを片付けるよう促したTwitterユーザーのうさぎ(@PSDCEprrpySqGtk)さん。

しかし、息子さんは癇癪寸前でそれを拒否。話を聞いてみると、思わず納得する息子さんなりの理由が返ってきました。

今度から理由を聞いてみよう

今遊んでいないオモチャまで床に転がっていると、親から見たら「あちこちに散らかして!」と思ってしまうものですよね。けれど、息子さんはこんな理由を話してくれました。

世界を広げたいの。

電車の国、車の国、レゴの国というように、息子さんはそれぞれ異なるオモチャで世界を作っていたそうなのです。

だからそこにある今遊んでいないオモチャも世界の一部。片付けたくないと思う息子さんの理由に納得ですよね。だって素敵なオモチャの世界が壊れてしまうことになるのですから。

そんな理由を聞いたうさぎさん。世界を作り終わったら片付けることを息子と約束し、息子さんはきちんとそれを守ったそうです。

オモチャの片付けに限らず、子供の「いや!」という意思表示に対してただ怒るのではなく、子供の視点からも考えてあげるために理由を聞いてみることってとても大切なんだと気付かされました。うさぎさんも、「頭ごなしに◯◯しなさい!って言うんじゃなくて今度から理由聞いてみようって思った出来事だった。」とエピソードを振り返っています。

息子さん、きっと素敵なオモチャの世界を作り上げたことでしょう。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@PSDCEprrpySqGtk)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事