台風19号について気象庁が緊急会見。今後の見通しはいかに!?事前にすべき対策もご紹介!

2019.10.9


既に大々的に告知され、多くの人々がその動向を注視している大型で猛烈な台風19号。上陸は12日と今のところ予想されていますが、その3日前にあたる本日9日に気象庁が異例の緊急会見を行いました。

今回はその会見の内容と、私たちが事前にすべき対策をいくつかピックアップしてみました。



台風15号と同程度の勢力か


こちらが気象庁が開いた緊急会見の内容です。


会見で気象庁の黒良龍太主任予報官は、「台風が接近する地域では、台風15号や去年の台風21号と同じ程度の暴風となるおそれがある」と述べていました。

また、台風の予報にはまだ幅があるとしながらも、広範囲に被害が及ぶ可能性を示唆。11日(金)までには暴風などに備えるよう呼びかけています。

こちらは、台風の進路予想と暴風・大雨などが予想される各地の時間帯です。



そして、風速毎に想定される被害や、高潮時に浸水のおそれがある区域についても説明されました。




各機関が様々な対策をツイート

また、この猛烈な台風19号の襲来に先駆け、各機関が実践すべき様々な対策をツイートしています。こちらは、政府広報室の公式アカウントによるツイート。風が強まる前の家の対策を紹介しています。



警視庁警備部災害対策課は、台風は「進行方向の右側の風が強い」という特徴を説明。


そのほかにも、車や明かり、水、食料などあらゆる観点からの対策も徹底しておきたいところです。


台風が近づくと、頭痛などの症状が出るか方は必見の情報です。





千葉の被災地は復旧半ば・・


台風15号の影響により、千葉県の住宅などで甚大な被害が出てから9日で1ヶ月。県内には、今も停電が続いている場所があり、懸命な復旧作業が続いています。普段の生活に戻れていない方々がたくさんいるのです。

また、3連休で色々な計画を立てられていた方もたくさんいると思います。

そんな状況で再び訪れる大型の台風。今できる対策をとにかく万全にしておくに越したことはありません。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@gov_online) / Twitter(@MPD_bousai) / Twitter(@MPD_bousai) / Twitter(@JMA_kishou) / Twitter(@JMA_bousai)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加