ラグビーW杯の試合中止決定後、釜石に残りボランティア活動を行ったカナダ代表に感謝の声

2019.10.14


連日盛り上がりを見せるラグビーワールドカップ。そんな中、日本を大型の台風19号が襲いました。

その影響を受け、試合が中止になったカナダ代表が岩手・釜石に残り、ボランティア活動を推進。その様子を撮影した写真や動画が公開されて話題となっています!



W杯公式Twitterアカウントが投稿


投稿したのは、ラグビーワールドカップの日本語版公式Twitterアカウント。ボランティア活動の様子を投稿しています。





カナダ代表は10月13日、岩手・釜石鵜住居復興スタジアムで開催予定だったナミビア代表との試合が中止に。その後、合宿でお世話になった現地の人々への感謝の気持ちを込め、ボランティア活動を行ったといいます。

屈強な男たちによる温かい行動。現地の方々も本当に助かったのではないでしょうか。

こちらはその時の様子が撮影された動画です。「カナダ代表の誠意と思いやり溢れる行動に心から感謝します」とコメントを添え、以下の動画を投稿しています。


また、カナダ代表の対戦相手だったナミビア代表も滞在先の宮古市でファンとの交流を深めるイベントを開催。ナミビア代表の方から市の方に企画を打診して実現したようです。





記念写真を撮影したり、サインを書いたりと至れり尽くせりのサービスに、集まった子供達も大人達も嬉しそうですね!

寄せられていた声


こうした両国代表の思いやりのあふれる行動に対して、多くの感謝の声が寄せられていました。


この日のために苦しい練習を乗り越えてきた代表選手達。一番は試合をしたかったということがあると思いますが、そんなことを微塵も感じさせず、笑顔で地域の人々を支援し、触れあう姿は本当に素敵ですね。




両チームは既に敗退が決定していた


ちなみに、両チームは既に3敗を喫しており1次リーグでの敗退が決定していました。この試合は0-0の引き分け扱いとなって勝ち点2を分け合う形となりましたが、今大会の初勝利をかけて勝負をしたかっただろうということは言うまでもありません。

そんな中、台風に襲われた日本に明るく温かいニュースをもたらしてくれた両国代表。思いやりのあふれる行動には感謝してもしきれないほどですね。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@rugbyworldcupjp)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加