わが名は「アルべド」みかんに宿りし白きものである!みかんの白い部分は超優秀!

2019.10.18


日本人なら誰もが大好き……かどうかはわかりませんが、きっと食べたことのあるみかん。そんなみかんについてよく話題になるのが、あの白い筋を取るか取らないかというもの。

実はあの白い筋には驚くべき効果があるのを知っているでしょうか。ここではそんなみかんの知っておきたい豆知識をご紹介します。



意外な名前「アルべド」


みなさんはみかんの白い筋をなんと呼んでいるでしょうか。そのまま「白い筋」でしょうか。実はこれには名前もちゃんとあって、正式には「アルベド」なんておしゃれな名前があります。まるで欧米で活躍している画家のような名前ですよね。

取る人も多いみかんの筋


アルベドは根から吸い上げた水分や養分を果肉に贈る植物内部組織の1つで、本来は栄養の宝庫とも言われます。しかし、みかんを食べる時には「見た目が悪い」「食感が気持ち悪い」という理由などで取ってしまう人も多いです。

名前の由来はラテン語


そもそもこの白い筋アルベドはどういう意味を持っているのでしょうか。アルベドの名前の由来はもともとラテン語だと言われていて、これは「白い」という意味があるのだとか。

日本語では維管束と呼ばれますが、日本人の多くはその見た目からそのまま白い筋と呼ぶことが多いですね。ただ、近年はアルベドとしての知名度も徐々に高まってきています。

ちなみに外皮の名前もおしゃれ


白い筋をアルベドと呼ぶのに対し、果皮の外側のことを「フラベド」と呼びます。まるで双子のアーティストのような名前ですよね。これはみかんで言うオレンジ部分の皮のことを意味しています。




アルべドは身体にいいの?


アルベドは取ってみかんを食べるという人も多いですが、そもそも身体に良いのでしょうか。こればかりは様々な逸話があるのですが、実は隠れた栄養の宝庫と言われています。

食べると盲腸になる?


アルベドを食べると盲腸になるなんて話がありますが、これは完全に迷信です。むしろみかんの白い筋には栄養がぎっしりと詰まっていて、その効果も嬉しいものばかりです。

盲腸はそもそも急性虫垂炎と呼ばれるもので、原因は虫垂内の虫垂粘膜から壁内に細菌が侵入して感染するものです。白い筋を食べることが原因となることはほとんどありません。

実は身体にいいよ!


アルベドには優れたビタミンが多量に含まれており、特にビタミンPは果肉の約300倍ほどあります。ビタミンPに含まれるヘスペリジンにはビタミンCの吸収率を促進させる他、コレステロール値の改善や血行の改善、毛細血管の増強や発がん物質の抑制、花粉症の予防など嬉しい効果がたっぷり。

実際にマウスの研究でも明らかになっている他、血管が健康になることでも知られ、間接的に美容への効果も期待できます。

さらにはや冷え性改善やアンチエイジングにも効果的なビタミンE、高血圧やむくみに効果的なカリウムも含まれているのです。それだけではなく、便秘に良いと言われる食物繊維が含まれているのも特徴です。

アルべドも薄皮もまとめて食べよう!


みかんを食べる時は、ぜひともアルベドはもちろん薄皮も合わせて食べるようにしましょう。そうすることでみかんが持つ栄養を最大限に摂取できちゃいます。

薄皮の名称は瓤嚢(じょうのう)


みかんの粒にある薄皮は瓤嚢(じょうのう)もしくは瓤嚢膜(じょうのうまく)と呼ばれ、果肉部分を守る役割があります。ちなみに果肉は砂瓤(さじょう)と呼び、どちらも栄養がたっぷりと詰まっているのです。

薄皮も栄養があるよ!


白い筋と同様にヘスペリジンが含まれる薄皮は、食べればアルベドと同様の効果を得ることが期待できます。また、食物繊維の一種と言われるペクチンも含まれるため、特に便秘の解消に効果的です。

日本人の現代病とも言える便秘は、男性女性関係なく悩まされていることが多いです。特に男性に比べて女性はホルモンバランスも崩れやすいため、便秘になりやすいと言われます。もし便秘に悩んでいるのなら薄皮もアルベドも合わせて、みかんを食べてみてください。

でも無理して食べることはない


みかんは単純に栄養満点の果物ですが、薄皮や白い筋がどうしても気になって剥いてしまう人はそれでも良いと思います。特別、薄皮やアルベドを食べたからと言って、劇的に身体が変化するなんてことはありません。

毎日習慣づけて1個ずつ食べれば効果も得られますが、即座に効果が期待できるということでもないので、そこまで真剣に考えて食べる必要はないかもしれません。

結論を言ってしまえば要は好き嫌い。そこは自分が一番美味しく食べられる食べ方で、どうぞ召しあがってください。

まとめ


みかんは日本人なら誰もが食べたことのある果物だと思います。ただ、度々みかんを食べていて巻き起こるのが「白い筋取る取らない論争」です。挙句の果てには「薄皮論争」や「果肉論争」も巻き起こるほど、食べ方は人によって千差万別。

栄養の観点から見ると薄皮も白い筋も食べた方が良いですが、そこは完全に好みの問題です。

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加