「トイレの我慢が出来ないって死刑になるほどの罪なのか?」現役バス運転手のツイートが話題に

私たちの生活に欠かせない交通機関のひとつがバス。通勤、通学など、毎日バスを利用している方もたくさんいらっしゃるかと思います。

今回Twitterで話題となっているのは、現役バス運転手が綴ったとある出来事。その内容には多くの声が寄せられるなど話題となっています。

一番辛いのはトイレの我慢

投稿されたのは、現役バス運転手の@bus_driver401さん。乗客から受けたとあるクレームについて綴っています。

バスの運転手になられてから一番辛いことが「トイレの我慢」とのこと。確かに運転し始めれば大勢のお客さんを乗せているわけですし、心身両面からかなり辛そうなことは想像できます・・。

そして、そのトイレに行くことに対して、お客さんからクレームを浴びせられたといいます。確かにトイレに行くことが罪なことなのか?と思ってしまいますよね。

他国のケースに言及するなど様々な声

この投稿に対しては、日本と他の国の同じようなケースを比較する意見など、様々な声が寄せられていました。

人間はロボットではない

今回はバスの運転手さんのケースですが、宅急便のドライバーの方がコンビニに車をとめておにぎりを食べているだけでクレームが入ったという話も時折耳にします。

バスの運転手さんも宅急便のドライバーの方も、その他のお仕事をされている方でも、当たり前の話ですが皆が人間です。どうしてもお腹が空く時、どうしてもトイレに行きたい時はあるでしょう。

今回の投稿を通じて、時間に対する価値観、人としての思いやりなどを改めて考えさせられました。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@bus_driver401)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事