怖い金縛り、実はならない対策があるって本当!?金縛りは心霊現象じゃない?

2019.11.7


怖い話が大~好きな皆さん、金縛りについてどう思いますか?

金縛りは科学的に証明がつくんだから自然な体の反応現象だよ、という方もいれば、いや、科学的に全てのことが説明できるわけじゃないよ、霊的な金縛りもあるよ、と考える方もいらっしゃるでしょうね。

そこで金縛りはなぜ起きるのか、そもそもどんなことが原因で起きるのか、対策も含めて調べてみましたのでご紹介します。



金縛りとは?


夜中にふと目が覚めると、意識はあるのに体がまるで何かに押さえつけられているかのように動かない、助けを呼ぼうにも声も出せない、そんな体験をしたことはありませんか?一般的に金縛りと呼ばれる、とても怖い状態です。

心霊現象と信じられてきたが・・・


金縛りというのは日本独特の言い方で、仏教用語を語源として生まれた言葉です。世界各国でもいろいろな呼び名で呼ばれていますが、そのいずれも睡眠中に現れる幽霊や悪魔、魔女や邪悪な霊による仕業だということを表す言葉で表現されています。

科学が発展する以前の世界では、金縛りは超常現象だと信じられていましたし、現代でも心霊体験だと信じる人は多くいます。

実は科学的に解明されている


そんな金縛りですが、実はどうしてそのような現象が起きるのか、すでに科学的に解明されています。金縛りは睡眠麻痺という睡眠障害のひとつで、日本人の半数近くの人が一度は経験したことがあるそうです。

金縛りにあっているとき、本人は目が覚めていると錯覚していますが、実はほとんどの場合目は開いていません。体の上に誰かが乗っていたとか、部屋に誰かが入ってきたなどというのは、夢の延長にしかすぎないといいます。

金縛りを医学的に言うと


もう少し詳しく、医学的に説明されている金縛りになる理由について説明しますね。

私たちの眠りにはレム睡眠とノンレム睡眠という2つのパターンがあることは良く知られています。簡単に言うとレム睡眠時は眠りが浅く眼球が盛んに動いている状態で、このときに夢を見ます。反対にノンレム睡眠はぐっすりと深く眠っている状態で、脳も内蔵も休んでいます。


私たちは寝ている間にこの睡眠パターンを行ったり来たり、何度か繰り返すわけですが、そのリズムが崩れることが金縛りの原因になります。レム睡眠の最中は脳は起きているのに筋肉は完全に弛緩していて動かせない。このタイミングでふと目を覚ますと、意識はあるのに体が動かないという、金縛りを体験することになります。

このときに強い恐怖心を感じるのは、脳のバグが原因になっていて夢の延長だという人もいます。その証拠に金縛りのときの体験を語ると、内容には地域差が現れるといいます。例えば日本人は幽霊を見たとか心霊現象が多く語られるのですが、宇宙人の目撃情報などが多いアメリカなどでは、宇宙人を見たとか、宇宙人に誘拐されてUFOの中で何かされた、などの話になることが多いのだそうです。




金縛り対策って何かないの?


なぜ金縛りになるのか、その理由が科学的に解明されている以上、当然それなりの対策も考えられています。次は金縛りになりにくくなる対策について見ていきましょう。

仰向け寝は金縛りになりやすい


仰向け寝は全身の力が抜けてより弛緩した状態になりやすいので、金縛りが起きやすくなると考えられています。仰向けよりは横向きになって寝る方が、金縛りは少なくなるということです。

寝る前には一度リラックス


金縛りを起こす睡眠障害の原因として、疲れやストレス、睡眠の質などが大きく影響することがわかっています。

例えば旅行先で金縛りを経験する人が多いのは、決してホテルの部屋に地縛霊がいるからではなく、体が疲れているのに脳が興奮しているからです。通常ノンレム睡眠から始まる睡眠パターンが、何かの理由でレム睡眠から始まってしまうことも、金縛りの理由です。寝る前にはリラックスして、脳が落ち着いた状態で眠りに入ることが大切です。

金縛りを理解する


金縛りがなぜ起きるのかがわかっていないと、不安感ばかりが増してしまい、その不安感が次の金縛りを起こす原因にもなってしまいます。

金縛りの科学的なメカニズムを理解しておくと、こうした不安感がなくなって恐怖心によるストレスも軽減され、金縛りにあう頻度も少なくなっていくことが予想されます。

また実際に金縛りにあってしまったときにも、これは心霊現象や超常現象ではなく脳が起こすバグなのだと思うことで、恐怖心を和らげることができます。

本当に心霊現象ではない?


さてここまで金縛りは医学的に説明のつく現象であることをお伝えしてきましたが、最後に少しだけ怖い話もしておこうと思います。

多くの金縛り体験の中には、健康状態が良くリラックスして眠っているときでも急に金縛りにあうなど、医学的な説明だけでは腑に落ちない話もあるようです。霊能者によると霊の存在によって金縛りになる場合もあり、地縛霊、ポルターガイスト、その人本人に取り憑いた霊などによって起きていることも少なくはないそうです。

ですからあまりにも金縛りを頻繁に繰り返したり、これは尋常でなないと感じたときは、霊能者に見てもらうことも解決策になると言う人もいます。

金縛りは全て睡眠麻痺によるものなのか、それとも霊的現象である場合もあるのか、判断はその人の考え方しだいということにもなりそうですね。

まとめ


心霊現象ではないと頭では信じていても、実際に自分がなるとやはりとても怖い金縛り。しかも大半の人は夜中の暗い部屋の中でなるからこそ、余計に怖いと感じてしまうんですよね。

恐怖心を打ち破るには、これは幽霊のせいじゃない、疲れているからだ!と自分に思い込ませるのが良いのではないでしょうか。ちなみに私はよく金縛りにあう体質だったのですが、金縛りが襲ってきたら必ず頭の中で南無阿弥陀仏を唱えるようにしていました。

よく金縛りにあうという人は、心身の健康状態を整えるとともに、自分なりの対処方法を考えておくのも役に立ちますよ。

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加