懐かしい青春時代が手のひらでよみがえる!90年代の「プリクラ機」がミニチュアサイズで登場!

2019.11.20


90年代に登場して大ブームとなった「プリクラ」。若かりし頃、友達や恋人などとたくさん撮ったという方は多いのではないでしょうか!?

そんな懐かしのプリクラを撮るためのプリクラ機が、手のひらサイズのミニチュアで登場!当時の操作感覚で撮影もできちゃうというから必見です!



気分も写真もタイムトラベル!


商品名は「青春のプリントシール」(3,980円/税抜)。タカラトミーアーツから11月21日(木)に発売されます。

少しノスタルジックで懐かしい見た目です。そして、単なるミニチュアというだけでなく、機能でも当時の操作感覚を可能なかぎり再現。スマートフォンをセットし、プリントシール機を操作している感覚で、写真撮影や加工をすることができます。

出典:prtimes.jp

事前に専用アプリをインストールしたスマートフォンを、アプリを立ち上げた状態で本体にセット。スマートフォンがセットされた瞬間、本体両サイドのライトが点灯し、当時お金を入れた時にパッとライトがついた、あの懐かしい感覚がよみがえります。

操作方法はカンタン!


操作はとってもカンタン。画面へのタッチ操作と、決定時に使用する本体の「OK」ボタンのみ使用。タッチ操作ではフレームやスタンプをスムーズに設定でき、昔のプリントシール機を操作しているような感覚を味わえます。

出典:prtimes.jp

撮影方法は2種類。通常の撮影である「ノーマルモード」と、撮影した写真に時代指定をし、過去や未来風に加工して表示する「タイムトラベルモード」があります。

ノーマルモードでは、1995年当時に流行ったフレームデザインを模した「フレーム」を選択できます。

出典:prtimes.jp

出典:prtimes.jp

出典:prtimes.jp

タイムトラベルモードでは撮影後、選択した時代の雰囲気に加工された自分の姿を表示することができます。

こちらは平成10年。

出典:prtimes.jp

こちらがNOW(現在)。

出典:prtimes.jp

そして、令和?年。これはちょっと自分でも見るのに抵抗アリ!?

出典:prtimes.jp




いわば「自撮り」の元祖


プリクラ機が登場した1995年は、カメラ付携帯電話もスマートフォンもありませんでした。

そんな時代にプリントシール機が登場。自分自身で操作するカメラによって友達との顔写真を撮影する、いわば「自撮り」の概念が生まれたのです。

アラフォー世代にとっては懐かしくてたまらないプリクラ機。青春時代へタイムスリップしてみてはいかがでしょうか!?

青春のプリントシール – タカラトミーアーツ公式サイト

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:prtimes.jp

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加