これならもっと安全!子どもと手を繋ぐときに逃げられにくくなる技が話題に

小さな子どもと手を繋いで歩いている時、突然走り出したりしてスルッと逃げられてしまった、なんてドキッとする経験ありませんか?

Twitterユーザーのいもけんぴ (@sevenstars75)さんは保育士の経験から、子どもと手を繋ぐ際のある技を習得しました。

ちょっとした工夫でより安全に

散歩や人の多い場所で危険を避けたり、はぐれてしまわないよう子どもと手を繋ぐときに役立ついけんぴさんの技がこちらです。

子どもの手を挟むように小指だけ下にして繋ぐという技。言われてみれば、これだと子どもの手の平だけでなく手首も優しくホールドできるので間違いなく安全度アップですよね。こんな方法があったとは目からウロコです。

投稿に寄せられた体験談

実際に同じ方法を使ったことがある体験者の方々から寄せられた反応がこちらです。

「嫌がる子はほとんどいない」「抜く動作を上手に規制できる」「子供がつまづいて転びそうになっても、離れず繋いだままでいられる」などなどポジティブな体験談がずらり。これは早速試してみたいですね!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@sevenstars75)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事