クリスマスに柊(ヒイラギ)を飾る理由を知っていますか?花言葉もクリスマスにぴったり

クリスマスと言えば巨大なクリスマスツリーを飾ることが多いですが、それとは別に柊(ヒイラギ)を飾るなんて人もいますよね。1年に1回だけの特別な日だからこそ、綺麗に飾ってあげたいものです。

ただ、そもそもなぜクリスマスに柊なのでしょうか。いや、それ以前に柊とはそもそもどういうものなのでしょうか。ここでは花言葉などと一緒に添えてご紹介します!

柊(ヒイラギ)とは?

柊はモクセイ科モクセイ属に分類される常緑小高木です。クリスマスツリーなどに使われることはほぼありませんが、飾りなどで使われることがある植物で、切なく儚い冬の雰囲気にぴったりな植物なのではないでしょうか。ある意味でクリスマスの代名詞とも言える植物です!

基本情報

柊は欧米では聖なる木として大切にされている植物で、特に西洋などでは葉に棘があるセイヨウヒイラギが知られています。これらの柊は棘がありながらも美しい色合いを放ち、クリスマスの飾りなどに使われることが多いです。

日本では葉に棘がないヒイラギモチなどが有名です。厳密には海外のものとは種類が異なるので、そこは注意が必要となります。

名前はヒリヒリ痛むから

和名である柊はなぜヒイラギと呼ばれるようになったのでしょうか。その由来を先に言ってしまうと、触るとヒリヒリと痛むためだと言われています。

葉にある棘に触れた際に生じるヒリヒリ。そのヒリヒリした状態のことを日本語では連用形で「ひいらぐ」と言い、その名詞形として「ひいらぎ」という呼び名を使うようになったそうです。

クリスマスに飾るのはセイヨウヒイラギ

クリスマスにリースなどとして飾るのは、主にセイヨウヒイラギとなっています。葉っぱに棘があって形がより綺麗なセイヨウヒイラギは、クリスマスの飾りの大定番ですよね!

英名はクリスマスホーリー

セイヨウヒイラギは英名でクリスマスホーリーと呼びます。それほど海外では「ヒイラギ=クリスマス」という文化が根付いていて、これを飾らないことにはクリスマスではないと思う人もいるほどです。

日本で知られるヒイラギモチなどは、主にチャイニーズホーリーと呼ばれています。呼び名そのものが違ってくるので、そこは勘違いしないようにしたいですね!

クリスマスにセイヨウヒイラギを飾る理由

クリスマスにはなぜセイヨウヒイラギを飾るようになったのでしょうか。もともとクリスマスはキリストが深く関係しているため、それに由来している説が有力です。

意外と怖い理由

セイヨウヒイラギをクリスマスに飾るのは、主にキリストに関する怖い理由があると言われています。厳密にはそこまで怖くないものの、それでも日本ではあまり馴染みのないキリストが関係していることは知っておくべきかもしれません。

キリストの処刑と関連

柊を飾るようになった背景には、イエスの受難(十字架刑)が関係していると言われています。これはイエス・キリストが処刑される際に見につけていたものと関連していると考えられており、実際にその際の装飾品を模しているという説があります。

赤い実はイエスの流血?

具体的にどういうものなのかというと、柊の枝葉が「いばらの冠」で赤い実が「流した血」を意味するのだとか。そう考えると、処刑されたキリストの怨念を感じる……なんてことはないですけどね。

それでも少し不気味な逸話と言えるかもしれません。ただ、それほどクリスマスというのはキリスト教の文化の中でも重要なイベントということになります。

現代では単純に海外の人たちも自由にクリスマスというイベントを楽しんでいますので、安心して大丈夫です!笑

オーナメントの赤い玉はヒイラギの実

クリスマスツリーには赤い玉などのオーナメントを飾ることも多いですよね。これも実は柊の実を意味していると考えられています。

昔からの魔除けの意味も

柊は昔から魔除けの木とも呼ばれており、厄災などから守ってくれると言われています。それほど神聖な木ということ。

クリスマスツリーには使うのは常緑の針葉樹

クリスマスツリーにも柊を使っているのかと言えば、実はそうではありません。むしろクリスマスツリーには他の木を使います。

主にモミの木が多い

キリスト教が普及している国では、主にクリスマスになるとモミの木を飾ることが多いですね。モミの木は常緑の針葉樹ということもあって見栄えが良く、クリスマスが重なる冬の時期でも青々とした葉を蓄えています。その生命力の強さなどからも、クリスマスツリーにするのに最適な木だと言われているのです。

柊はクリスマスツリーにはほぼ使わない

柊と言えばクリスマスを想像する人も多いですが、実際にはクリスマスツリーに使うことはありません。それよりも他の飾りとして使うことがほとんどです。

セイヨウヒイラギの花言葉

日本の柊には「清廉」という意味があります。ただ、海外の柊となるとまた意味も違ってきますので、チェックしておきましょう。

予見

まず、セイヨウヒイラギには「予見」などの花言葉があります。これは何かを暗示したり察知したり、占いのような意味合いが強いです。ただ、悪い意味ではなく良い意味での未来への希望のような花言葉となります。

神を信じます

その他、セイヨウヒイラギには「神を信じます」という意味があります。これはそのままダイレクトにキリストに対する愛を込めた花言葉とも言えます。その他にも「不滅の輝き」など、キリストを象徴するかのような意味が強いです。

将来の見通し

さらには「将来の見通し」などの意味もあります。セイヨウヒイラギには「豊かな土地」という花言葉もあるなど、より今後の人生の先に対する希望を表現しているものが多いですね。

まとめ

クリスマスなどで飾られる柊について少し知識を蓄えることができたでしょうか。何気なく飾っている人もいるかもしれませんが、今年のクリスマスにはその花言葉などを知ってから飾ってみるとまた心持ちも違ってくるかもしれませんね。

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事