カフェオレとカフェラテの違いをご紹介!結局は同じなの?違うの?どっち?

boto

カフェオレカフェラテは、どちらもコーヒーにミルクをたっぷりと入れた飲み物です。とてもよく似ているため、レストランやコーヒーショップで注文をするときに迷った経験はありませんか?同じような二つの飲み物ですが、実は違いがあるんですよ。

今回は、カフェオレとカフェラテの違いについて解説いたします。二つの違いを知れば、迷わずに注文できるようになりますよ!

カフェラテとは?

caferate

カフェラテは、イタリア発祥の飲み物です。

イタリア語

カフェラテの「ラテ」は、イタリア語でミルクを意味する「ラッテ」が変化したものです。そういえば、たまに「カフェラッテ」という方もお見かけしますね。

「カフェラテ」を訳すと「コーヒーミルク」になります。

カフェオレとは?

café au lait

カフェオレは、フランス発祥の飲み物です。

フランス語

カフェオレの「」はフランス語で「ミルク」です。ちなみにフランス料理でもよく見かける「オ」は「~入りの」という意味があります。

「ミルク入りのカフェ」ということで、こちらも「コーヒーミルク」になります。どちらも同じコーヒーミルクですが、どこが違うのでしょうか?

実はカフェの部分に違いが!!

coffee

実は、コーヒーの部分に違いがあるのです。

カフェオレのコーヒーはドリップ

drip

カフェオレはドリップコーヒーにミルクを加えてつくります。ドリップコーヒーとは、フィルターを使用しドリップして淹れる、いわゆる普通のコーヒーのことです。

カフェラテのコーヒーはエスプレッソ

espresso

カフェラテは、エスプレッソコーヒーにミルクを加えます。エスプレッソコーヒーを淹れるにはエスプレッソマシーンが必要なため、ご家庭で作るには少しハードルが高いかもしれませんね。

ミルクの分量も違う

カフェオレもカフェラテも、ミルクの分量に規定はありませんが、一般的な分量といわれているのは、カフェオレはコーヒー5:ミルク5、カフェラテはコーヒー2:ミルク8の割合です。

カフェラテの方が基本的にはミルクの割合が多いんですね!ただ、これに関しては定義があるわけではないので、一概にこの割合が正解というわけではありません。

じゃあドリップとエスプレッソの違いは?

coffee

ドリップとエスプレッソは使う豆と抽出方法が違うため、味にもそれぞれの特徴があります。

ドリップコーヒー

ドリップコーヒーは、コーヒー粉の上からゆっくりとお湯を注ぐことでコーヒーを抽出する方法です。ドリップには浅煎りの豆を使うため、苦みが少なく酸味があり飲みやすいコーヒーに仕上がります。

エスプレッソコーヒー

エスプレッソコーヒーを淹れるには、専用のエスプレッソマシーンを使います。コーヒー粉に高い圧力をかけながらお湯を押し出すことで、一気にコーヒーを抽出する方法です。深煎りの豆を使い、抽出量も少ないことから濃厚で香ばしいコーヒーになります。人によっては苦みが強く感じるかもしれません。

味が違う

ドリップコーヒーは、ご家庭でも簡単に淹れることができ味も親しみやすいため、日本でも一般的に飲まれているコーヒーです。朝昼晩、時間を問わず気軽に飲むことができますね。

エスプレッソコーヒーは濃厚で、独特の苦みも堪能しながらいただくため、ゆっくり過ごす時間に味わいながら飲むコーヒーとしてぴったりです。

カフェラテとカプチーノの違いは?

cappuccino

カプチーノという飲み物もあります。カフェラテと同じイタリア発祥ですが、何が違うのでしょう?

基本は泡立ちの違い

カプチーノも、カフェラテと同じようにエスプレッソとミルクからつくられます。

二つの違いはミルクの質です。カフェラテのミルクには、蒸気で温めたスチームミルクを使用していますが、カプチーノはスチームミルクの他に泡立てたフォームミルクも加えているのです。一般的な割合は、エスプレッソ3:スチームミルク3:フォームミルク4 になります。

そのため、カプチーノは見た目が泡立っています。

まとめ

cafe

カフェオレとカフェラテの大きな違いは、コーヒーが違うことだったんですね。これからはコーヒーショップに行っても、堂々と注文できそうです。

熱々のコーヒーにミルクをたっぷりと入れて飲んだら、寒さも忘れて体の芯からホッコリしそう。想像していたらコーヒーの香りが漂ってきたようです(笑)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事