ハナミズキの花言葉は?あの名曲にリンクするような花言葉も!

ハナミズキという花は、有名な歌の影響もあってご存知の方も多いと思います。ただ、そもそもハナミズキという花がどのような花なのかという点についてはきっと知らない人が多いのではないでしょうか。

そこで、ここからはハナミズキとはどのような花なのかをご紹介します。また、ハナミズキが持つ花言葉や楽曲についてもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

ハナミズキとは?

ハナミズキとはミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木です。別名はアメリカヤマボウシと呼ばれ、その特徴的な姿形が人気を集めています。花は花でも他の花とは特徴が大きく違います。

特徴

ハナミズキの大きな特徴と言えば、4つの花びらが淡く咲き誇る姿が美しいことにあります。花びらが重なり合っている花は多いのですが、ハナミズキのように4つだけが交互に広がっている花は珍しいです。

また、色合いも淡いものが多く、どこか日本らしさを感じるのではないでしょうか。人によっては桜に似ていると感じる人もいます。

原産

ハナミズキは実は北アメリカが原産で日本の桜のような立ち位置にあります。アメリカの東海岸からミシシッピ川にかけて自生する姿が確認されており、アメリカでは毎年開花を楽しみにしている人も多いです。

日本の桜前線のように、アメリカではハナミズキ前線が報道されることもあるほどメジャーな花。それもありむしろ日本の桜とアメリカのハナミズキは、風情のある花の双対を成しているとも言えます。

開花時期

ハナミズキの開花時期は4月~5月の春です。そこも日本の桜とリンクするところがあるのではないでしょうか。毎年春になると徐々に咲き始め、美しいピンクや白の花を咲かせます。

花持ち期間は5日~7日と短いこともあって、すぐに見られなくなってしまう儚さもまた風情がありますよね。日本だけではなくアメリカなどでもハナミズキを見て楽しむ文化があるのは、短い間しか楽しめないからなのかもしれません。

ハナミズキの花言葉は?

ハナミズキにも花言葉があります。これらの花言葉は後から意味を持たせられたものもあるのですが、ハナミズキらしさがあります。

全般的な花言葉

ハナミズキは日本では「永続」「返礼」「私の想いを受け止めてください」などの意味があり、海外では「永続性」「耐久性」「逆境にも耐える愛」などの意味があります。この由来については後々説明します。

色別の花言葉

ハナミズキは色別で花言葉の設定はないので、そこは意味を自分なりに受け止めるのが良いです。ピンクや白など様々な色を持つハナミズキだけあって、そこは自分の好きな色を楽しみましょう。

名曲「ハナミズキ」

ハナミズキと言えば、かの一青窈さんの名曲として知られていますよね。実はハナミズキの花言葉がこの歌とリンクしているという噂もあります。もしかしたら作詞作曲の際に参考にされたのかもしれません。

一青窈の大ヒット曲

一青窈さんの代表曲と言えば「ハナミズキ」ですよね。シングル曲としては「もらい泣き」や「景踏み」など人気の曲も多いですが、より長く愛されている曲と言えば、やはり「ハナミズキ」なのではないでしょうか。

歌詞と花言葉がリンク

歌詞をそのまま載せることはできないので省略しますが、実はこの「ハナミズキ」の歌詞とハナミズキの花言葉がリンクしているという話もあります。確かに楽曲を聞いてみると、逆境の愛や自分を受け止めてくれるほどの愛など、節々に花言葉の意味とリンクする部分があります。

花言葉の由来

ハナミズキはミズキの仲間で花が目立つことに由来しています。また、別名のアメリカヤマボウシは、アメリカ原産で日本の近縁種のヤマボウシに似ていることが由来していると言われていますね。

返礼の由来

ハナミズキの花言葉である「返礼」は1912年、アメリカにソメイヨシノを寄贈した際、そのお礼としてハナミズキが日本に贈られたことに由来していると言われています。

事実としてハナミズキが日本の桜を感じさせるのは、アメリカのハナミズキとお互いに似ているからなのですね。お互いに大切にしている花を贈り合うというのは、まさに「返礼」そのもの。
これはアメリカとの友好の証でもあります。

キリストとの関係

キリストの磔に使われた木の伝説もありますが詳細は不明です。ただ、花びらが4弁あることから十字架に似ている他、花びらにも釘が刺された傷跡が残っているという伝説まで語り継がれています。

その他にも、昔は大きかったハナミズキの木は、磔には使えないように木が小さくなり、枝分かれするようになったなどの伝説がありますが、あくまでファンタジーのような話ですので、そこは信じるか信じないかはあなた次第です。

まとめ

ハナミズキは歌などが有名なのですが、逆に言えばそれらが独り歩きしてしまったことで、ハナミズキ自体がどのような花なのかはわからない人も多いですよね。

ここでご紹介したのはあくまでもハナミズキの一部だけかもしれませんが、ちょっと知ることができただけでもよりハナミズキが好きになった人もいるのではないでしょうか?

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事