これは“あるある!” 寝たふりをする子供の心理と親の愛情を描いた漫画に反響

2019.7.9


寝たふりをする子供の心理と親の愛情を描いた漫画がTwitterに投稿され、多くの共感の声が寄せられるなど反響を呼んでいます!



遊び疲れた子供の話

漫画を制作して投稿されたのは、漫画家の仲曽良ハミ(@nakasorahami)さん。自身の小学生時代を描いた「ハミ出る思い」を定期的に更新されるなど、懐かしくて幸せな気持ちになれる漫画を制作されています。

こちらが今回話題となっている漫画です。





いかがでしたでしょうか?幼い頃に家族で遠方に車で出かけた際、帰りの車の中で疲れ果てて寝てしまうことってよくありましたよね。

本当に寝てしまうこともあれば、漫画のようにウトウトしつつも本当は起きていたり…(笑)。親に運んでもらうために実は寝たふりをしていたという方もいらっしゃるのではないでしょうか!?

寄せられていた声

この漫画に対しては、同じ様な体験をされた方からの共感の声が多数寄せられていました。


運んでもらうために寝たふりをしていたという方が、結構多いことが分かりました(笑)




大人になって気づく親の愛

自分が大人になって、初めて親の愛に気づくということは多いですよね。「あの時、あんなことを言われたけど、そういう気持ちだったんだ…」「自分に子供ができて、当時親に言われたことの意味がわかった」などなど…。

今回の漫画にあるように、子供が寝たふりをしていることを分かっていた上で運んでいた親の愛を思うと、とても嬉しくて温かい気持ちになれますし、親の偉大さを改めて感じますね!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@nakasorahami)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加