可愛らしいイメージのアライグマは飼育出来ないってホント?飼育出来ない理由を解説

ふわふわの毛に童顔、もちっとした身体に愛らしい表情。アライグマに対してそんな良いイメージを持っている人もたくさんいますよね。事実、可愛さだけなら動物界でも屈指です。

しかし、そんなアライグマは飼育できません。先に結論を言ってしまったのですが、法律で禁止されています。そこで、今回はそんなアライグマの飼育に関する情報をご紹介します!

アライグマとは?

アライグマは日本人にも馴染みのある動物ですが、どういう生息域で暮らしていて、どういう生態を持っているのでしょうか。ここではまずそんなアライグマの基本についてご紹介しますね。

生息域

アライグマは北アメリカ原産の生き物で、日本やヨーロッパには外来種として生息しています。実は日本で見かけるアライグマは外来種だったんですね……これは池の水を抜いている場合じゃない!

基本的には水辺のある森林部や山間部に生息している他、湿地や農耕地、海岸、都市でも適応して生きていける性質を持っています。そのため、農作物への被害だけではなく生態系への影響も懸念されています。

繁殖力が高いこともあって、国によっては捕獲や駆除の対象となることもあるくらいです。行動範囲はそこまで広くないですが、数kmを範囲に行動することもあります。

生態

基本的に夜行性であり雑食性という生態を持つのがアライグマの特徴です。ただし、夜だけではなく昼も普通に活動できるため、遭遇した場合は危険が及ぶこともあります。

可愛らしいイメージのアライグマですが、実は非常に気性が荒く、攻撃性も強いです。人間を見つけたら襲ってくることもあるほど、実は獰猛な生き物となっています。

それでいて運動神経が高く、噛む力や爪や牙など武器が豊富ということもあってかなり厄介な存在ですね。

アライグマの飼育

アライグマの飼育に関してはかなり大変です。もしかしたら本物の熊よりも大変かもしれません。事実、動物園などの飼育員もそう語る人がいたりします。

飼育はプロでも困難

アライグマはその特性もあり、人間に対しても攻撃してくることがあります。そのため、動物園で働くプロの飼育員でも飼育することは難しいです。

動物園で扱いに慣れているはずの飼育員でも、実は傷だらけになっていることがあります。それくらい凶暴なのがアライグマの正体。要注意動物です。

過去にペットとして輸入された経緯

そもそも北アメリカ原産のアライグマがなぜ日本にいるのでしょうか。その背景にはアメリカから大量に輸入されてしまった事実があります。これにもある背景があって…。

人気アニメの影響

原因は1970年代にアライグマのアニメが放送されたことにあります。誰もが知っているような国民的アニメとなったことから、日本人の多くが「アライグマを飼ってみたい」と思うようになってしまったのです。

しかし、アニメによってペット需要は高まったが、その幻想はすぐに打ち砕かれることになりました。なぜなら、素人が飼育するには不可能に近いほど、アライグマの扱いが大変だったためです。

現在日本では個人飼育禁止

ちなみに日本では、法律でアライグマを飼育するのは禁止されています。そのため、勝手に野生のアライグマをペットにすることも当然禁止です。

特定外来生物

野生のアライグマは、平成16年に公布された「特定外来生物による生態系等に係る被害に関する法律(外来生物法)」によって特定外来生物に指定されています。

生態系に悪影響を及ぼす危険を防ぐ他、人間に危害を加える可能性がある生物は捕獲や駆除の対象となるため、個人で飼うことはまずできません。

アライグマによる被害

アライグマはその愛らしいルックスとは裏腹に害獣に指定して良いほど、かなり厄介な被害をもたらしています。ここからはそんなアライグマの被害についてご紹介します。

農作物被害

アライグマが与える被害の中でも、特に大きいと言われているのが農林水産業に与える被害ですね。野菜や果物などの食害が全国各地に広がっており、アライグマに怯える農家も少なくありません。

畜産業にも被害が出ており、家畜の飼料を食べたり、糞尿による衛生悪化を引き起こしています。これは日本の食卓にも影響を与える大きな問題ですよね。

生態系に関する被害

アライグマは雑食性ということもあってなんでも食べちゃいます。陸上の生き物から水中の生き物まで。日本の生態系でも重要な生き物となるサンショウウオやカエル、フクロウ、ムササビなども食べてしまうんですよね。そのため、生態系に関する被害も大きいと言われています。

人間の生活環境被害

アライグマはゴミや残飯を漁るのはもちろん、屋根裏や床下に住み着くことによる家屋のダメージ、感染症の媒介、糞尿の排泄などなど多くの問題を引き起こしています。人間の生活環境に与える被害も計り知れません。

どうしても飼いたい場合は?

アライグマは研究や展示、教育など正当な理由を認められた場合にのみ飼うことが許可されています。どうしても飼いたいと思っても、個人で飼うことはまず無理です。

どうしてもアライグマを見てみたいということなら、動物園などで我慢するようにしましょう。

まとめ

アライグマはとても可愛らしい生き物なのですが、その本性は人間が思っているよりも愛らしいものではありません。むしろ害獣と言っても過言ではありません。恐怖のアライグマ、襲来。日本の外来種として今後どう対応していくかが焦点となってきそうです。

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事