匿名は良い行いをする時に使うべし。ガンダムバーに届いた1通の手紙にグッとくる

以前、ダウンタウンの松本人志さんが投稿した「匿名」の使い方に関するツイートが大きな話題を呼びましたね。

匿名でネットに悪口を書く人が多い中で、松本さんは「匿名は良い行ないをするときに使うのですよ」とTwitterで呟きました。

▼ 実際のツイートがこちら

そしてそんな匿名を使う際の好事例として、営業を自粛していたガンダムバーに届いたという1通の手紙が話題になっているのです。

匿名の使い方はもちろん、お店のことを想う心温まる内容も感動します。

匿名は良い行いをする時に使うべし

匿名の手紙を受け取ったのは、三重県四日市市に店を構えるシャア専用ガンダムバー『Char Aznable』のオーナー、シャア専用ガンダムバー 大佐(@CharColonel)さん。

こちらが、実際に届いた手紙です。

▼手紙の内容

コロナウイルスに関連した三重県の要請に基づく貴店の休業に際し、感染拡大防止に寄与する御英断に敬意を抱きつつも、貴店の御経営や、従業員の皆様への影響に思いを致し、心を痛めております。 
 
貴店の存在に救われた者として、今こそ御恩返しをする機会と考え、ささやかではありますが、金壱拾萬円を寄付させて頂きます。 
 
寄付を貴店の皆様に知られることが気恥ずかしく、また貴店の振込先も存じ上げず、このような不躾な形での寄付となったことを、どうか御赦し下さい。 
 
一日も早いコロナウイルス流行の収束と、貴店の再開店とを、心より祈念しております。勝利の栄光を君に、Sieg Zeon。

お店の存在に救われた恩返しとして寄付をされたという匿名のお客様。

お店のことを心配する気持ち、本当に無事に早く再開してほしいという切実な気持ちが伝わってきますし、文の締め方にお店とお客様との親しい関係性と絆を感じますよね。

この手紙を受け取ったガンダムバーの大佐さんは、「自粛しすぎて病んでいたので本当にやる気をいただきました」と心境を語っています。

一度行ってみたい

Twitterでは匿名の手紙に感動したという声のほか、「一度行ってみたい」とお店に興味を抱く声も寄せられていました。

・連邦派の私もグッときました!善行をこんなシャレのきいたやり方でやるとは!ジオンはあと10年は戦える! 
 
・この様なガンダムバーがあるとは存じ上げず今回知りました。今はまだ雌伏の時ですが、もう少し落ち着いたら一度行ってみたいと思います。 
 
・最後に「勝利の栄光を君に」で締めるの、最高にクール。 
 
・寄付ってお金となると良くも悪くも見られがちですが、お店の事、関係者の方々の事を心から大事に思われている方なんだなとこちらにまで伝わってくる文面で感動しました。

緊急事態宣言が解除され、徐々に営業を再開する飲食店が全国的に増えてきました。まだまだ厳しい状況は続くと予想されますが、お客さんとの深いつながりが大きな励みとなりそうですね。

5月25日から営業再開

今回ご紹介したシャア専用ガンダムバー『Char Aznable』は、5月25日から営業を再開されているそうです。気になる方はぜひこちらの情報をチェックしてみてくださいね。

シャア専用ガンダムバー『CharAznable』四日市店 - Facebook

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@CharColonel) / Twitter(@matsu_bouzu) / Facebook(@CharAznable)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事