ステープラーとは?ホッチキスと同じ?実はホッチキスと呼ぶのは日本と韓国だけだった!

みなさんは紙を綴じるあの道具のことを何と呼びますか?

ほとんどの人は「ホッチキス」と呼ぶのではないでしょうか。もちろん、それも正解なのですが、実は「ステープラー」と呼ぶ人も多いようです。

どちらも間違いではありませんが、今回はステープラーやホッチキスについて知っておきたいことをご紹介します。同じものなのかどうかはもちろん、国ごとの違いについても解説しますね!

ステープラーとは?

ステープラーとは特殊な形状の針を使って紙を綴じる道具で、古くから世界中で愛用されてきたものです。日本にも普及しており、実際に学校や会社で使ったことがあるという人も多いかもしれませんね。

ホッチキスと同じ

ステープラーとはそもそもどういうものなのかと言えば、基本的にはホッチキスと同じ意味を持ちます。単純に呼び名が違うだけであって、道具としては同じものを意味するのです。

紙にコの字の針を刺して綴じる道具の総称を意味し、針の正式名称はステープルと言います。針のことをステープルと呼ぶため、統一感を持たせるためにステープラーとあえて呼ぶ人もいるくらいですね。ただ、原則としてはホッチキスと同じものです。

商品名と製品名

ステープラーのJIS規格での名称は「ステープラ」と決まっています。そのため、ステープラーという発音に若干の違いがあるかもしれません。日本ではNHKなどがステープラーと呼んでいたことで知られています。

しかし、近年は商標の普通名称化によってホッチキスと呼ぶのが一般的となりました。それに伴ってステープラーという呼称もあまり使われなくなってきた傾向があります。

なぜホッチキスなのか?

それでは、なぜステープラーをホッチキスと呼ぶようになったのでしょうか。これにはホッチキスの歴史が関係しています。ここからはその部分を噛み砕いて解説します。

日本に最初に輸入したのはホッチキス

日本でステープラーがホッチキスと呼ばれる理由は、1903年に伊藤喜商店(現イトーキ)がアメリカから初めて輸入した際、E.H.Hotchkiss社のステープラーでした。その製品のボディに大きく「HOTCHKISS No・1」と刻印されており、そのインパクトからホッチキスと呼ばれるようになったそうです。つまりは物体そのものではなく、会社名にホッチキスが使われていたのです。

会社名のホッチキスは創業者のホッチキス親子から取った名前ということもあって、製品そのものをそう呼ぶわけではありませんでした。しかし、日本に入ってきた時にホッチキスとして売り出したため、日本ではステープラーよりもホッチキスという呼称が浸透したのです。ただ、呼び名については俗説が多数あります。

韓国でもホッチキス

韓国では日本統治時代にホッチキスが広まったこともあり、そのまま現地でもホッチキスと呼ぶことのが一般的です。韓国では今でもホッチキスという名称でステープラーを使っています。

ステープラー(ホッチキス)の歴史

そもそもステープラーにはどういう歴史があるのでしょうか。そこを知っておくとより参考になると思うので、ここからは簡単にご紹介したいと思います。

始まりは18世紀フランス

ステープラーの原型が生まれたのはフランス。フランスで生まれたジョージ・マギルの紙綴器が原型だと言われています。そこから商業的な成功を収めたジョージ・マギルのステープラーが広く普及し、19世紀に紙の使用量が増えたことで開発もより進んだとのこと。

日本では明治時代に垣内清八が発明したという説があるのですが、その原型もフランスで生まれた紙綴器に類似していたと言われています。

ホッチキスとマシンガン

ホッチキスの構造はマシンガンの弾送り機構と似ていたことから、マシンガンの仕組みが原型だという説もあります。この説は兵器開発会社のオチキス社とホッチキスを作ったE.H.Hotchkiss社との関係から生まれた都市伝説的な説でもあります。

二人のホッチキス

ホッチキスを作った会社、E.H.Hotchkiss社はコネチカット州にありました。一方オチキス社はフランスの企業、まったく関係はなさそうですが、創業者の名字はどちらも「ホッチキス」しかも、オチキス社の創業者であるベンジャミン・ホッチキスとE.H.Hotchkiss社の創業者であるジョージ・ホッチキス、イーライ・ハベル・ホッチキス親子の出身は共にコネチカット州でした。

その為、イーライとベンジャミンは兄弟であり、ホッチキスを発明したのは実はベンジャミンだったという俗説があるのですが、現在では二人が兄弟であったことは証明されていませんが、何らかの血縁関係はあったのではないかとされています。

現在ホッチキスの発明者が明確に誰だったのかというのは実は分かっていないんです。

世界ではホッチキスは通じない

海外で「Do you have a hotchkiss?」と言ったところで通じません。日本では度々こういう現象が起こっており、カタカナがそのまま海外で通じると思っている人もいます。

元のホッチキスの輸入元のアメリカも通じない

そもそもホッチキスは社名であって日本で呼ぶホッチキスとは違います。そのため、ホッチキスと発音しても「え?あのステープラーの会社のこと?」と思われてしまうはずです。

伝える時には「Do you have a stapler?」と聞くのが一般的ですね。そうしないとそもそも通じません。

世界のステープラー

単純にステープラーとは言っても、実は形状が国ごとに若干違ってきます。ここからは主に地域ごとに認識されているステープラーの形についてご紹介します。

アジア

アジアではハンディタイプのステープラーが主流です。片手で持って使うものをステープラーと呼び、それがそのままホッチキスだと認識している人が大半です。

アメリカ

アメリカでは卓上ハンドルタイプのステープラーが主流となっています。デスク用品として普及しているため、机の上に置いてバチンッと紙を綴じる際に使います。

ヨーロッパ

ヨーロッパはペンチのようなプライヤータイプのステープラーが主流。他の地域に比べても独特の文化です。ただ、意外にもこの形状のものが使いやすいんですよね。

まとめ

ステープラーとは何かわからない人もいるかもしれませんが、日本ではホッチキスだと思っておけば間違いないです。ただ、国によってはホッチキスでは通じないし、形状も違ってきます。その違いを知っておくだけでも、いつか役に立つかもしれませんね。

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事