イチゴの種はどこにある?実は意外だらけのイチゴの種と果実のお話

大人から子供まで大好きな果物のイチゴ。そんなイチゴを食べていて、ふと「そういえば種ってどこにあるんだろう」と疑問に思ったことはありませんか?

中にはドヤ顔で「あの果肉の表面にある小さな粒こそが種さ」とウンチクを言い放つ人もいます。しかし、それは半分正解で半分不正解です。そもそも果実に当たる部分も勘違いしている人が多いと思います。

そこで、ここではイチゴが持つ意外な種と果実の話をご紹介します。

イチゴの果実と思われているものの正体

イチゴの果実と思われている部分といえば、あの赤い部分ですよね。しかしこの部分、実は「花托(かたく)」と呼ばれる果実とは異なるものです。つまり赤い果食部分は果実ではないんですね!

ここからはイチゴの赤い果肉部分である花托について解説します。ほとんどの人とまではいいませんが、多くの人がこの赤い部分を果実だと思っているので、これを機会に正しい知識に軌道修正しましょう!

赤い食用部分は「花托(かたく)」

植物の器官の1つで、被子植物の茎が厚くなっていて、花が育つ部分のことです。別名で「花床(かしょう)」と呼ばれることもあります。

花を咲かせるために中央の茎から別れ出た小さな枝「花柄 (かへい)」 の先端部分のことを指し、花弁をはじめ雄しべや雌しべや萼 (がく) などがつく部分のことを意味します。

イチゴの果食部分はこの花托部分であり果実ではありません。つまり偽物の果実ということになります。そのことからこの果食部分は「偽果(ぎか)」と呼ばれることもあります。

イチゴの食用部分の「偽果(ぎか)」

偽果と呼ばれるイチゴの食用部分は花托が肥大化し、その上に種子状に退化した果実が散在するものです。

偽果の果物はイチゴの他に、花托が全体を包み込むナシやビワ、花軸が肥大化して壺状となり内側に多数の果実を包み込むイチジクなどもあります。「仮果(かか)」とも呼ばれますが、それぞれイチゴ状果やナシ状果やイチジク状果と呼ばれることもあります。

果肉だと思っている部分が果実ではなく、偽果とよばれる花托部分という植物は多いんですね!

本当のイチゴの果実と種

それでは本当のイチゴの果実と種はどこにあるのでしょうか。これも意外な情報が多々あり、筆者も調べている段階で思わず「そうだったんだ」と納得してしまう事実ばかりでした。

ここからはそんな意外な事実をみなさんにもご紹介します。

イチゴの本当の果実がある場所

イチゴの本当の果実は、果肉部分の花托に付いている種子状のものです。つまり、種にしか見えないあの小さいツブツブこそが果実なのです。

イチゴのように乾燥した果実を「痩果(そうか)」と呼びます。他にも痩果の植物はあり、例えばタンポポの綿毛についている種のように見えるものも痩果になります。

イチゴの本当の種

一見すると種のようにしか見えない痩果には、中にしっかり種があります。

ですので「(イチゴは)あの果肉の表面にある小さな粒こそが種さ」というのも間違いではないのですが、正解とも言い切れません。

「小さなは粒が果実で、種はその果実の中にあるよ」と言うのが雑学を騙る上では正解になります!

イチゴは意外性の塊

イチゴはすっかり国民的なアイドル級のフルーツですが、実は意外性の塊です。ここからは筆者が調べていて、思わず「本当に?!」と声を上げてしまった情報をご紹介します。

イチゴはバラの仲間

イチゴは実はバラの仲間です。これは知らなかった人も多いかもしれませんね。イチゴはバラ目バラ科に属する植物ということもあり、植物学的にはその特徴も似ている点が多々あるそうです。

見た目はバラというよりも他のフルーツと同じような印象がありますが、分類学的にはバラなのです。

とはいってもイチゴはどちらかと言うとおとなしめの花をしているので、バラの仲間といわれてもあまり印象わきませんよね。

イチゴは野菜でもあり果物でもある

イチゴといえば果物の代表格ですが、実は野菜でもあるんですよね。あくまでも園芸関係の学会などの定義にはなるのですが、「一年生および多年生の草本になる実は野菜」で「永年性の樹木になる実は果実」だといわれています。

イチゴは草本性の植物であるのでこの原則に照らし合わせると野菜ということになります。

しかし、青果市場では消費実態に則った形態で販売されており、甘みのあるイチゴはデザート扱いされることが多いことから果実として取り扱われています。

イチゴ以外にもスイカやメロンも同様で、実態は野菜ながらも、多くの人に果物として認識されています。

まとめ

イチゴは驚きの事実をたくさん隠し持っている果物です。いや、厳密には野菜と言ったほうがいいのかもしれません。そんなイチゴの本来の果実は、種にしか見えない小さなツブツブで、種はさらにその中にあります。果実だと思われている赤い食用部分はあくまでも花托と呼ばれる部分なのです。

もちろん、どちらでも良いと思うかもしれませんが、イチゴの豆知識として知っておくといつか役立つかもしれません。その他にもイチゴには意外な事実も多く、バラの仲間であることなども含め、知らない人にどんどん教えてあげてみてください。

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事