日本の技術は素晴らしい!指先を損傷しピアノを諦めるも、義肢によって再び演奏できるように

2020.2.9


指先を損傷し、完治した後もタッチが痛くて20年も続けていたピアノを諦めるという悲しい思いをされた@matutika36さん。

ところが、日本の素晴らしい技術によって再びピアノを演奏できるようになった!と、Twitterで明かしています。

めちゃくちゃクオリティが高い


@matutika36さんが”怪我で楽器をあきらめた人たちに伝わって欲しい”という想いで投稿したエピソードと写真がこちらです。


言われても全く気付かないほどの自然な馴染み具合に、驚きで言葉を失いました。

20年もピアノをしていた@matutika36さんですから、ご自分の指をしっかりと記憶されていたはず。そんなご本人が、「こんな手だった」と思えるって、本当に素晴らしいクオリティであることが分かりますよね。

@matutika36さんによると、この義肢は指サックのように着脱可能。しかも指の腹にはご自分の指紋があり、完成品を初めて見た時には自分の指そのものであることに感極まったそうです。


指サックのように着脱可。


左手の中指と比較するとそっくり。


指の腹には細かな指紋が。

そしてこの義指の存在によって、@matutika36さんは再びピアノを演奏できるように。それを叶えてくれたのが、義肢をオーダーメイド製作している愛和義肢製作所さんでした。

製作してくれた愛和義肢製作所さんに対し、「細かな要望にも親身に相談にのって頂き、何よりいつも笑顔で出迎えてくださったのが嬉しかった」と、感謝する@matutika36さん。


日本の素晴らしい技術と愛和義肢製作所さんの温かなサポートによって生み出されたこの義肢によって@matutika36さんが悲しみから救われたこと、そしてそれをシェアして下さったことが新たに多くの人を救うきっかけになることでしょう。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@matutika36)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加