たった1分で組み立て完了!段ボールベッド『ひらいてポン』を全国の被災地に4月1日から提供開始

災害時、体育館などの避難所で役に立つのが段ボール。思いのほか丈夫で暖かい段ボールはベッドとして活用されるなど、これまでにも多くの人が助けられてきたのではないでしょうか。

そして、今回ご紹介する段ボールベッド『ひらいてポン』は、従来の段ボールベッドと異なり安定性に優れ組み立ても簡単!被災地の新たなる定番アイテムとなりそうな予感です!

「飛び出す絵本」からヒントを得た

『ひらいてポン』がヒントを得たのは、「飛び出す絵本」。2018年7月の岡山県での豪雨災害のニュースで、避難所で被災者が段ボールで周囲を覆いプライバシーシートとしているのを見て、災害時には軽くて丈夫な段ボールが使い勝手がいいことを改めて実感したそうです。

こんな感じで開いて・・・


出典:YouTube

土台となる部分にパーツをはめ込んでいきます。


出典:YouTube

すると、あっという間に快適なベッドの出来上がり!所要時間はわずか1分。

普段使いをしたいぐらい快適な感じがしますし、床に直接寝るのとは大きな違いが出ますね。周囲も気にならずにプライバシーもある程度確保できそうです。


出典:YouTube

クラウドファンディングでプロジェクトを実施中

現在、クラウドファンディング「CAMPFIRE」で段ボールベッドを作るためのプロジェクトを実施中。期間は3月30日(月)までで、目標金額は45万円とのこと。

ご支援は3,000円から55万円までの15コースで、リターンは『ひらいてポン』のほか、スニーカーやパンプスなどもあるそうです。


出典:value-press.com

また55万円コースでは、カバーありタイプの「ひらいてポン」を50個進呈。1個あたり1万1,000円(送料込)となっています。


出典:value-press.com

大きさは、縦110cm × 横190cm × 厚さ8cm。タイプは、カバーあり・なしの2種。4月1日から全国の被災地などへ本格的に提供をスタートし、2020年中に被災地の自治体に配布していく予定だそうです。

段ボールベッド『ひらいてポン』が気になるという方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

『ひらいてポン』 - 公式サイト

『ひらいてポン』 - CAMPFIRE(クラウドファンディング)

動画はこちら

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:value-press.com / YouTube(ダンボールベッド 「ひらいてポン」)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事