チャレンジに年齢は関係ない。70歳過ぎて銅版画を始めた父の作品がめっちゃ素敵!

Twitterユーザーのあっこ(@akkkkkkkkkkkko)さんが、70歳を過ぎて銅版画を始めたお父さんの作品を紹介し、お父さんの素敵な感性とチャレンジ精神に称賛の声が寄せられています。

好きなことを始めるのに年齢は関係ない!

現在、生まれて初めての個展を開催中だというあっこさんのお父さん。その個展の様子と作品の写真がこちらです。

絵本から飛び出してきたようなメルヘンチックな世界観に、優しさや温かさを感じさせる可愛らしいデザインやタッチ。その素敵な感性に魅了され、一瞬でお父さんの生み出した作品の虜になってしまいました!

何より衝撃的なのが、お父さんが70歳を過ぎてから銅版画を始められたということですよね。年齢を重ねれば重ねるほど、新しいことにチャレンジするのを躊躇ってしまいがちですが、思い切って挑戦し、素晴らしい作品の数々を生み出して個展を開催するまでに至ったお父さん。

そのチャレンジ精神に驚かされるとともに、好きなことを始めるのに年齢は関係無いということを改めて教えて頂きました。

お父さんの個展もぜひ!

あっこさんによると、銀座のオーギャラリーさんというところでお父さんの個展が開催されているそうです。3月29日(日)までですが、ぜひ足を運んでみて下さいね。

Oギャラリー - 公式サイト
星野洋一郎展「新しくて、なつかしい」
会場:Oギャラリー UP・S
住所:〒104-0061 東京都中央区銀座1-4-9 第一田村ビル3F
会期:~3月29日(日)
時間:12:00~20:00(日曜11:00~15:00)

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@akkkkkkkkkkkko)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事