カップ焼きそば「ぺヤング」復活に対する反響がすごい!喜びの声が続々!

CG5LRldUIAE9B_R

異物混入問題で製造を休止していたカップ焼きそば「ペヤング」が、再び店頭に並び始めました。これを受けて、「ぺヤング」の復活を待ち望んでいたファンが次々に喜びの声を発信し、ネット上で盛り上がりを見せています!

ペヤングの復活を喜ぶ声


出典:Twitter


出典:Twitter


出典:Twitter


出典:Twitter


出典:Twitter


出典:Twitter

どさくさまぎれ!?にこんな宣伝も!


出典:Twitter

一方で、製品の改良をめぐる不満も噴出!?

再販売にあたって、ペヤングのパッケージが改良されました。今回改良されたのは、多くのカップ麺で用いられている「フィルム」と「発砲スチロール容器」が採用されたことです(異物混入対策を踏まえて)。

改良前
800px-ぺヤング-s3p11001_R

改良後
Peyoung_new_R

従来のデザインが再現されていますし、ロゴも同じと一見同じようには見えます。ただ、ペヤングの代名詞とも言える"湯切り失敗=「※だばぁ」"が無くなったことに不満が噴出しているとのこと。 ※「だばぁ」は擬態語。湯切りの際にフタが外れてしまい、中身を流しにこぼしてしまうこと。これこそがペヤングの醍醐味と考えるファンは多い。

≪「だばぁ」のイメージ≫
SN380001
出典:plaza.rakuten.co.jp


出典:Twitter


出典:Twitter

こういった声が出てくるのも、長年愛されているロングセラーブランド「ペヤング」だからこその現象ですね!「ペヤング」人気を改めて思い知らされました。

出典:www.peyoung.co.jp
出典:ja.wikipedia.org

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事