レンゲソウの花言葉は?その由来は姿かたちや効能にあるとも

小さいながらも美しく咲くレンゲソウは、多くの花愛好家の中でも人気のある品種です。

そんなレンゲソウにはどんな花言葉がついているのでしょうか?

今回はレンゲソウとはどういう花なのか、そして花言葉やその由来、さらにレンゲソウの雑学についてご紹介します!

レンゲソウとは?

レンゲソウはマメ科ゲンゲ属の植物で、正式な名前は「紫雲英・翹揺(ゲンゲ)」といいます。

特徴

レンゲソウの花びらは主にピンク、紫、赤、そして稀に白があります。

これらの色彩は鮮やかなだけではなく、どこか癒される優しい美しさに満ちているのが特徴です。決して派手ではなく小さく咲いている姿が愛らしい花と言えますね。

そして葉軸の左右に羽状に葉が並んでいる奇数羽状複葉となっており、茎の先に蝶形をした花が輪になって咲くのが特徴です。

また、花が咲いた後は豆果が作られるなど、鑑賞以外の用途もあるのがレンゲソウです。

開花時期

レンゲソウは4月~5月に咲く春の花です。出回るのも同時期であり、花持ち期間は4日~5日ほどです。

あまり長く咲かない花ですが、春になると一斉に野原のレンゲソウが開花する姿は圧巻です。

そして寒さには強いですが暑さには弱いという特性を持っていて、主に春の風物詩として知られています。

原産

レンゲソウの原産は中国であり、古くに中国本土から渡ってきた植物です。

日本には遥か昔に渡来したと考えられていますが、明確な伝来時期は判明していません。

レンゲソウの花言葉

レンゲソウにはいくつか花言葉があります。ここからはそんなレンゲソウの花言葉についてご紹介します。

全般的な意味の花言葉

レンゲソウには「苦痛が和らぐ」「心が和らぐ」「春の訪れ」「幸福」「無邪気」「感化」などの花言葉があります。

和らぐという言葉が多いことに関しては、レンゲソウが持つ効能に由来しているそうです。また、単純に見ているだけで癒されるということからも、安らぎに関係する花言葉が多いですね。

その他、文字通り春に咲くことから春の訪れを意味したり、幸福や無邪気、感化などを意味することもあります。

色別の花言葉

レンゲソウは基本的にピンクや紫、赤など多様な色を持つ花なのですが、それぞれの色別の花言葉は特にありません。

レンゲソウの花言葉の由来は?

レンゲソウの名前や花言葉はしっかりと背景があります。

中国での名称「紫雲英・翹揺」の由来は、遠くから見ると紫の雲のように見えるから。そしてまた花言葉には違った由来があるので、ここから解説する内容を確認しておきましょう!

花言葉の由来はその姿かたちから?

レンゲソウはその姿が蓮の花に似ていることから「蓮華(レンゲ)と」呼ばれるようになり、今ではレンゲソウという名で全国に知れ渡るようになりました。

蓮の花は仏教では極楽浄土に咲く花とされています。そこから、苦痛からの解放という意味となり、「和む」というレンゲソウの花言葉が付けられたようです。

つまり、名前はもちろん花言葉もその姿に関係しているということになります。

薬として使われていたのが花言葉の由来?

レンゲソウには薬効があると言われています。それが由来となって"和らぐ"という意味合いの花言葉が付けられるようになったという説もあります。

現代のように薬に乏しかった時代には、様々な薬効を持つ植物が重宝されていました。レンゲソウもその1つであり、古くから人々を癒す薬として使われていたのです。

花や茎、根の薬効が人々の役に立っていたことから「苦痛から解放される」という意味で、"和む"という花言葉が付けられたというのも頷けます。

レンゲソウとハチミツの関係

レンゲソウとハチミツは深い関係にあります。

ハチミツ好きな人ならご存じかもしれませんが、レンゲソウの蜜から作られたハチミツというのはたくさんあります。

これはレンゲソウの花が優秀な蜜を蓄えているためであり、ハチミツを取るための蜜源植物として利用されているためなのだとか。

レンゲソウは田んぼの周りに植えられていた

レンゲソウは古くから田んぼの周りに植えられています。それはハチミツ作りを促進するためでもあるのですが、それ以外にも理由があります。

田んぼの周りにレンゲソウを植えるのは春の風物詩として知られる文化の1つなのですが、これはレンゲソウに緑肥の役割があるためだとも考えられています。

レンゲソウを栽培してそのまま耕し、田畑の肥料とするために植えていたようです。

また、レンゲソウの根には根粒菌という細菌がおり、それが空気中の窒素を田畑に取り込む役割も持っていると考えられています。

これによって肥沃な土壌作りに役立ち、良い稲が育つようになるそうです。だからこそ、田んぼの周りに植えるわけですね。

ただ、現在では化学肥料が使われるようになったことなどが原因で、レンゲソウを植えるという文化は失われつつあります。

まとめ

レンゲソウは春の訪れを教えてくれる綺麗な花です。その花言葉も人間の生活を癒す意味合いがあり、主に和むという意味の言葉が使われています。

また、ハチミツや田んぼとの関係も深い花です。ぜひ、野原で見かけたらここでご紹介した情報を思い出してみてくださいね。

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事